理想的な円満退職のために必要な準備とは?

    

円満退職のために必要な準備とは?

どうせ辞めるからといって急にいなくなる行為、いわゆる「バックれ」は絶対にやめましょう。特に福祉業界は横のつながりも多く、転職先も円満退職を強く望むはずです。では、理想的な円満退職をするにはどうすればいいのか?今回はそんな疑問にお答えします。

退職の意思表示は最低でも1ヶ月前

転職先から正式に内定が出たら、まずは今の職場に退職の意思表示を行います。大抵の場合だと、就業規則で原則1ヶ月前までに退職願を提出としてる職場がほとんどでしょう。

ですが、今の職場は辞める人に代わる人材を確保しなければいけません。さらには業務の引き継ぎもあります。一般的な決まりでは1ヶ月前までとはありますが、できるだけ早く辞める事を言うようにしましょう。職場の責任者だけでなく、共に働いた同僚に余計な負担を掛けないことも、円満退職には必要最低限の配慮です。

挨拶まわりは菓子折を持って

職種にもよりますが、どのような仕事も色んな人が関わって成り立っています。決して自分1人で仕事をしていたわけではありません。辞めることを伝えながら、お世話になった人にお礼はすべきでしょう

ケンカ別れのようになるよりも、またどこかで偶然会ったときに笑って話せる関係性の方が、お互いにメリットですよね。もしかしたら、その人も転職して別の職場で一緒に働くことになるかもしれません。適当なお菓子を準備して、業務時間外に軽い挨拶を行いましょう

支えてくれた先輩や同僚に感謝する

少なからずともお世話になった先輩や同僚、そして利用者様に対しては感謝をしましょう。良い思いではなくとも、何かしら得たことはあるはずです。もしあなたが今の職場で何も得られなかったと感じるのであれば、それは自分の仕事に対する姿勢に問題があるのかもしれません。

1日、1ヶ月、1年と一緒に働いてきたことで、関わってきた人たちに感謝の念を抱くのは当然のことであり、今の職場で勉強させてもらったこと思い返してみましょう。

退職届を出した後の仕事

わざわざ利用者様一人ひとりに挨拶をする必要はありませんが、態度で示すことも大切です。認知症で名前も顔もすぐに忘れるから…ではなく、いつも以上に丁寧に接することで、きっと気持ちは伝わります

また、退職届を出した後は特に仕事に励むことも感謝の気持ちを伝える手段として有効です。後任者にもしっかり仕事を覚えてもらい、業務に支障ない万全の状態にしてから、その場を去ることが円満退職の極意です。

まとめ

「立つ鳥跡を濁さず」という言葉がありますが、新しい職場に気をとられて、退職する職場の仕事がおろそかになってはいけません。最後まで、事故がないように注意を心がけて仕事をこなしましょう。それが今の自分ができる精一杯の気遣いです。退職したらそこで終わりではありません。それが次の仕事に、そして自分自身の成長へとつながっていくはずです。

この記事に共感できたら

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング

こんな記事も読まれています

介護の転職エージェント比較ランキングをご紹介!全17社でおすすめは?
介護転職エージェント比較ランキング!厳選した10社でおすすめは?

求人サイトに登録することで利用できる転職エージェントは、就職や転職を希望する求職者にとって嬉しいサービスです。希望条件に …

施設のケアマネと居宅のケアマネだとどっちの方がオススメですか?
施設のケアマネと居宅のケアマネの違いとは?働くならどっちがおすすめ?

ケアマネジャー(介護支援専門員)として働く場合、介護施設か居宅支援事業所かで選ぶことになります。どちらも同じケアマネジャ …

主任介護支援専門員とは?研修内容と役割について
主任介護支援専門員とは?研修内容と役割について

主任介護支援専門員は、介護支援専門員の有資格者が所定の研修を受けた際に与えられるケアマネジャーの上位資格です。 2006 …

介護施設で働く看護師はどうして偉そうなのか?
介護施設で働く看護師はどうして偉そうなのか?

超高齢化社会に突入し、ますます介護サービス必要になっている中、介護業界で働く看護師の数も年々増加傾向にあります。しかし、 …

介護の派遣社員として働くメリットとデメリットとは?
介護の派遣社員として働く場合のメリットとデメリットとは?

介護業界で働く場合、多くの方は正社員として働く道を選ぶと思います。しかし、正社員以外にも契約社員やパート・アルバイトとい …