介護職が今よりも給料をアップさせるための方法

    

介護職が今よりも給料をアップさせるための方法

介護職は他の業界と比べて給料が低いと言われています。年収が低いことが原因で退職する人もいるぐらいです。では、介護職で給料をアップさせるためにはどのような方法があるのでしょうか?いくつか考えられる方法をご一緒に確認していきましょう。

介護に関連する資格を取得する

介護関係の資格を取得することによって給料アップすることができます。大抵の施設では、資格ごとに給与手当をつけてくれるでしょう。

しかし、取得する介護資格はどのようなものでも良いというわけではなく、主に介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)、実務者研修介護福祉士といった介護スキルを向上させる資格や、社会福祉士ケアマネジャーのような介護の関連性が強い資格を選ぶようにしましょう。

さらには介護事務高齢者コミュニケーター介護予防運動指導員ガイドヘルパーといった資格にも手当てが付く場合があります。

資格手当の金額は職場によって様々ですが、おおむね5,000円ぐらいが平均と言えるでしょう。手当以外にもスキルアップや転職にも有利になるので、時間のある方は資格の取得を目指すといいかもしれません。

キャリアアップして役職を目指す

介護業界での役職には、サービス提供責任者やチームリーダー、施設長やセンター長など、様々な役職名があります。そして、任された業務によって役職手当も付き、給料も高くなります。

役職手当は資格と同様に職場によって金額は異なりますが、高いところでは2万円前後となっています。ただ、安い場合だと2,000円、さらには役職手当が付かない職場もあるため、転職する際は事前に確認をとっておきましょう。

資格や実務経験を活かして転職する

一番早く、そして効果的に給料をアップさせる方法としては、やはり転職がおすすめです。単純に今の給料より高い求人に応募するだけで、年収アップとなります。ちなみに、初任給が高い職場を選ぶと、賞与や昇給が高くなることが多いようです。

給料アップなら転職が最善策?

転職のデメリットとしては、そう何度も転職はできないということ。そして、新しい職場で1からのスタートになり、職場での評価が遅れてしまうといったこともあります。

ですので、資格を取得したり、今の職場で役職を目指した方が良い場合もあります。給料アップのために、定年まで転職を繰り返すわけにもいきませんので、長い目で見ると1つの職場に腰を据えるという選択肢もアリです

転職かキャリアアップかでは、どちらが最善の方法か難しいラインですが、過去に一度も転職を経験したことのない方であれば、思い切って転職してみるのも良いでしょう。給料以外にも、仕事内容や人間関係、休みや通勤のしやすさなど、今の職場よりも自分に合っているかもしれません。

生活するためにお金は大切ですが、総合的に働きやすい職場を選ぶことで、結果的に給料アップにつながるかもしれませんね。

この記事に共感できたら

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング

こんな記事も読まれています