介護事務(ケアクラーク)の転職におすすめな介護求人サイト

    

介護事務の転職におすすめな介護求人サイト

介護事務(ケアクラーク)とは事業所や施設で働く、介護に精通した事務員のことを言います。病院で働く医療事務と同様に、今、女性が活躍する仕事として人気の職業です。また、これから突入する高齢化社会において介護事務の必需性も高まっています。

介護事務の主な業務は、書類作成や電話対応など事務仕事が中心ですが、介護報酬請求といった専門業務も行います。介護報酬の請求業務では介護ソフトを使用するため、ある程度のパソコンスキルも求められます。

介護事務(ケアクラーク)に求められる資格とは?

介護事務として働くにあたって絶対に費用な資格はありません。介護保険制度で資格保有者の配置も義務付けられていませんし、介護事務関連の資格は全て企業が認定を行う民間資格となっています。ですが、「資格を持っていない」より「資格を持っている」の人材の方が採用に有利ということは言うまでもありませんよね。

ちなみに介護事務の資格は、ユーキャンやニチイといった通信講座で簡単に取得可能です。費用は2万円前後、取得期間は1ヶ月〜と資格としての取得ハードルも低めとなっています。

介護事務(ケアクラーク)の求人は少ない

様々な介護求人サイトを駆使して調べてみましたが、介護事務の求人は非常に希少です。介護事務で検索しても「ヘルパー兼務」や「相談業務も兼ねる」など、介護事務専従はなかなか見つかりませんでした

その要因としては、やはり人気の職業ということが大きいようです。介護業界全体でみると離職率はかなり高いですが、介護事務に至っては離職率は低く、募集自体がかかりにくい状況です。

また、介護事務の資格も通信講座で簡単に取得できるため、潜在介護事務員(資格を持っているが関連する仕事に就かない、または就けない人)の多さも介護事務求人の争奪戦を後押ししてると考えられます。

介護事務(ケアクラーク)の転職は非公開求人を狙え

上記のようなこともあり、採用側は応募の殺到を避けるため非公開求人として介護事務を募集している傾向があります。応募の段階である程度フィルターをかけて、最低限の応募資格を満たす求職者のみ面接を行うようにし、採用コストを削減しています。

ですので、介護事務として働きたい場合は、非公開求人の内容確認や応募が可能な転職エージェントの利用をおすすめします。

介護事務(ケアクラーク)の転職におすすめな介護求人サイト

多くの介護求人サイトでは介護士やケアマネジャーの転職に力を入れていますが、次の2サイトは介護事務の転職にも対応しています。

メドフィット

メドフィット

メドフィットは、多くの非公開求人から求職者に最適なお仕事を紹介してくれるサービスです。全国の医療機関や介護事業所と親密につながっており、他のサイトでは取り扱っていない独占求人も多数保有しています。

メドフィットの口コミ・詳細情報はこちら
メドフィットの公式サイトはこちら

カイゴジョブ

カイゴジョブ

転職エージェントの登録に抵抗がある方はカイゴジョブがおすすめ。わずかではありますが、他のサイトよりも介護事務の求人が掲載されています。

カイゴジョブの口コミ・詳細情報はこちら
カイゴジョブの公式サイトはこちら

この記事に共感できたら

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング

こんな記事も読まれています

参議院選挙に挑む各政党は介護職員処遇改善についてどう考えているのか?
参議院選挙に挑む各政党は介護職員処遇改善についてどう考えているのか?

2016年7月25日の任期満了に伴い行われる参議院選挙(第24回参議院通常選挙)。投票日は7月10日と、ついに今週末に迫 …

ケアマネジャーの転職におすすめな介護求人サイト
ケアマネジャーの転職におすすめな介護求人サイト

介護サービスを利用したい人の相談に乗ってケアプラン(介護計画)を作成し、利用者と介護事業所・介護施設・医療機関などの仲介 …

メリット多数!カイゴジョブフェスタなどの就職・転職フェアに参加しよう!
メリット多数!カイゴジョブフェスタなどの就職・転職フェアに参加しよう!

介護業界への就職や転職を目指すなら、求人サイトを利用するという方法もありますが、その他に介護の就職・転職フェアに参加する …

介護士にとって特養と有料での仕事内容に違いはあるのか?
介護士にとって特養と有料での仕事内容に違いはあるのか?

介護施設には様々な種類がありますが、生活の場として多くの人に利用されている施設には、特別養護老人ホーム(特養)と有料老人 …

ベテランでも転職先では新人介護士ということを忘れずに
キャリア転職の方は要注意!介護の職場で良好な人間関係を築く方法とは?

経験や資格を武器にキャリアアップをするキャリア転職。そんなキャリア転職を経験したことがある方であれば一度は悩む、新しい職 …