介護福祉士の国家試験に合格した後、必ずやるべき事とは?

    

介護福祉士の試験に合格した後にやるべきこととは?

介護福祉士は数少ない福祉系の国家資格。介護士であれば誰しもが取得を目指すべき上位資格です。しかし、資格の力を活かしきれている方はごく僅か…。

そこで、今回は「介護福祉士試験の合格後にやるべき事」として、介護福祉士として働くために必要な手続き、そして国家資格を武器に給料アップを目指す方法をご紹介します!

今年の試験に合格した方だけじゃなく、すでに介護福祉士として働いている方も、参考にしてキャリアアップを目指しましょう!

介護福祉士の登録をする

試験に合格して「合格証書」が届いた時点では登録資格要件を有しているだけの状態です。ですので、まずは「公益財団法人社会福祉振興・試験センター」に、介護福祉士の登録を済ませましょう。

登録が完了すると「登録証」が発行され、これが介護福祉士の証明になります。ここまで完了して初めて「介護福祉士」の名称を使用して働くことができるようになります。

介護福祉士の登録に必要な物

  • 登録申請書(合格証書に同封)
  • 戸籍抄本、戸籍の個人事項証明書、本籍地を記載した住民票のいずれか
  • 登録免許税(9000円分)の収入印紙
  • 登録手数料(3320円)の振替払込受付証明書

以上を簡易書留で試験センターに送付すると、審査・登録が行われ、問題なければ1ヶ月ほどで登録証が自宅に送られてきます。

合格したのに1万円以上の出費はかなり痛いですが、この手続きをしないと全くの無意味になる…足下見やがって…(怒)

介護福祉士登録証

ちなみに、登録の期限はなく無効にもなりません。ですが、介護福祉士の登録を行わないと「介護福祉士」として働けないので、早めに登録しておくことをおすすめします。

参考サイト:公益財団法人社会福祉振興・試験センター

現在の給料条件などを見直す

現在の給料条件などを見直す

介護福祉士の資格を持っているか持ってないかでは、基本給が全然違います。ですので、すでに介護職員として働いている方は、勤務先の上司に一度相談してみましょう。

会社の規定で、介護福祉士だと賃金が上がる、または資格手当が付く場合もあります。パートや派遣社員なら時給数十円~数百円のアップが見込めることも。

ですが、介護福祉士の資格取得前と同じ給料で維持し、人件費を節約しようとする、ちょっとブラックな事業者も存在します。

給料交渉は言い出しづらいかもしれませんが、「給料は上がるのか?」「手当は付くのか?」と聞くのはとても大事なこと!

上司が「介護福祉士を取得した」と知っている場合であっても、報告を兼ねて上司に相談してみましょう。特に、勤続が長い人は、これを機にリーダーに昇格できるかもしれませんよ。

給料交渉された上司はどう思う?

もしかして「給料アップの交渉なんてしたら嫌われる」と思っていませんか?それは大きな勘違い!むしろ、相談を受けた上司は、あなたのヤル気に関心してくれるはず!

「どうせ給料なんて上がらないよ」と消極的な社員と、「もっと給料あげてください」と積極的な社員なら、後者の方が頑張ってくれると期待できますよね。

もちろん、給料が上がったら今まで以上に頑張らなければなりませんよ!

給料交渉された上司はどう思う?

条件交渉時のポイント

条件交渉のポイントとしては、「給料をあげろ」と威圧的にいくのではなく「給料って上がったりしますかね?笑」とやんわりムードでいきましょう。

もし「いやぁ~難しいね~」と濁されたら「では給料が上がる条件とかあります?」と返してもいいでしょう。頑張ってくれる社員、やる気が見られる社員なら、必ず応えてくれるはずです!

介護福祉士として転職する

介護福祉士として転職する

せっかく介護福祉士に合格したのに、現状の給料に満足できない。または、勇気を出して条件交渉したのに、資格取得前と給料が変わらない。

そんな場合は、思い切って転職してみるのも手!介護福祉士のあなたを求める施設は、他にもたくさんあります!もしかすると、今よりも好条件の求人が見つかるかもしれませんよ!

転職する気がないにしても、一度、どういった求人が、どれほどの給料なのか見てみるといいでしょう。本当の自分の価値が分かるはずです!

かいご畑で介護福祉士の求人を見てみる(無料登録)

まとめ

いかがでしたか?介護福祉士の登録手続きまではやったけど、給料アップの条件交渉までは考えもしなかった!という方がほとんどだと思います。

実は、私自身も「そんなこと普通しないよ笑」と介護仲間に笑われた記憶があります。

しかし、国家資格を取得し、以前に比べて自分の人材価値は間違いなく上がっているはず。これはチャンスだと思い、勇気を出して上司に相談したことが一つの転機になっています。

今年、介護福祉士に合格した皆さんも、このチャンスを逃さないようにして下さいね!

この記事に共感できたら

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング

こんな記事も読まれています

失敗しないためにも転職エージェントを活用しよう
失敗しないためにも転職エージェントを活用しよう

一般的な介護求人サイトのサービスは、求人情報の掲載だけをしているサイトと、キャリアコンサルタントによる転職支援が受けられ …

ベテランでも転職先では新人介護士ということを忘れずに
キャリア転職の方は要注意!介護の職場で良好な人間関係を築く方法とは?

経験や資格を武器にキャリアアップをするキャリア転職。そんなキャリア転職を経験したことがある方であれば一度は悩む、新しい職 …

生活相談員の転職におすすめな介護求人サイト
生活相談員の転職におすすめな介護求人サイト

事業所や介護施設では生活相談員の配置が義務付けられています。しかし、具体的な仕事内容を明記している求人は非常に少ないとい …

介護業界で管理職が不足してる理由
介護業界で管理職が不足してる理由

介護業界では人材不足が大きな問題となっていますが、なにも人手が足りないと叫ばれているのは介護士だけではありません。昨今で …

介護士が仕事を辞める本当の理由
介護士が仕事を辞めたいと思った理由とは?

介護職の離職率は他の業種と比べも非常に高くなっています。仕事を辞める理由は人それぞれですが、中でも多い退職理由を7つご紹 …