椅座位(いざい)

    

椅座位(いざい)とは座位の一種で、椅子に腰掛けた状態の姿勢のことを言います。足の裏が床にちゃんとついていること、上半身の重点が座骨に集中して余計な負荷がかかっていないこと、上半身の動作範囲が広く確保されていることがポイントになります。介護においては食事介助の時に注意すべき姿勢です。

介護用語辞典

調べたい介護用語を検索してみましょう!

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング

こんな記事も読まれています

no image
プロペト

プロペトとは、乾燥から皮膚や粘膜を保護して乾燥を防ぐワセリン(軟膏)のことで、美容目的で市販されている白ワセリンから不純 …

no image
エンパワメント

エンパワメントとは、利用者やコミュニティが失った自信や希望を再び取り戻せるように助成する方法のことです。自立生活運動、セ …

no image
仰臥位(ぎょうがい)

仰臥位(ぎょうがい)とは、身体を仰向けにして寝る姿勢のことで、背臥位(はいがい)と同じ意味です。一方、身体を横にして寝る …

no image
屋内歩行レベル

屋内歩行レベルとは、屋外では介助が必要となるが、手すりやバリアフリーが施されている屋内では自力で歩くことができる状態のこ …

no image
訪問看護

訪問看護とは居宅サービスのひとつで、看護師や保健師などが利用者宅に訪問し、主治医の指示に基づいた診療や看護ケアを行います …