下顎呼吸

 

下顎呼吸(かがくこきゅう)とは、下顎を動かして少しでも多くの呼気を得ようとする動作のことで、「最期の呼吸」とも言われています。重症疾患の末期であったり、意識障害の場合の呼吸困難時に見られる症状です。

介護用語辞典

調べたい介護用語を検索してみましょう!

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング

こんな記事も読まれています

no image
サービス担当者会議

サービス担当者会議とは、サービス利用者に対して適切な援助を行うため各事業所の責任者があつまる会議のこと。サービス担当者会 …

no image
移動支援事業

移動支援事業とは、障害者自立支援制度の地域生活支援事業のひとつで、屋外での移動が困難な障がい者に対し、地域における自立し …

no image
認知症

認知症とは、大脳の障害により知的機能が低下し、日常生活に支障が生じる症状の病気。数分前のことを忘れたり、時間、日付、場所 …

no image
排泄介助

排泄介助とは、自力でトイレができない方の排泄を手伝うこと。トイレへの付き添いから衣類の上げ下ろし、車椅子から便座への移乗 …

no image
腋窩検温法(えきかけんおんほう)

腋窩検温法(えきかけんおんほう)とは、脇の下に体温計を差し込み体温を測る手法のことで、一般家庭でも広く用いられる検温法で …