解離性障害

 

解離性障害(かいりせいしょうがい)とは精神疾患のひとつで、意識の統合が失われたり、知覚や記憶の喪失、連続性の欠如などが起こります。解離性障害の種類には、最近のことや昔の出来事を覚えていない又は部分的に思い出せない解離性健忘(かいりせいけんぼう)、突発的にその場から遠くへ旅立つ解離性遁走(かいりせいとんそう)、以前は多重人格障害と呼ばれ自身の中に複数の人物が存在する解離性同一性障害(かいりせいせいどういつせいしょうがい)、幽体離脱のような感覚で自分の身体や精神機能から遊離している感覚に陥る離人症性障害(りじんしょうせいしょうがい)があります。

介護用語辞典

調べたい介護用語を検索してみましょう!

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング

こんな記事も読まれています

no image
アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症とは脳の異常によって発症する病気で認知症の一種。記憶障害、判断能力の低下、見当識障害、周辺障害など …

no image
栄養士

栄養士とは、健康な人を対象にした栄養管理指導や給食管理を行う職業。介護施設や病院などで提供される食事の献立を考えたり調理 …

no image
維持期リハビリテーション

維持期リハビリテーションとは、急性期・回復期リハビリテーションが終了した後に、獲得された日常生活を維持・継続させるために …

no image
一部介助

一部介助とは、利用者の自力動作に沿って必要な部分のみ支援をする介助方法のことで、利用者の心身の状況を十分にアセスメント( …

no image
作業療法

作業療法とは、リハビリテーションの一種で、心身に障害がある人に対し、日常生活の動作、職業的な活動、レクリエーションなどの …