きざみ食(刻み食)

    

きざみ食(刻み食)とは、噛む力が弱い、むせやすいといった嚥下機能に障害(嚥下障害)があるお年寄りのための食事(食形態)。固いものと柔らかいものが混在するんど、調理や盛り付け方法によっては誤嚥(ごえん)のリスクが高まるとも言われており、適切な知識や調理方法が必要とされています。

介護用語辞典

調べたい介護用語を検索してみましょう!

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング

こんな記事も読まれています

no image
管理栄養士

管理栄養士とは、健常者だけでなく、障がい者、病状者の症状や体質改善を食という観点から栄養管理指導や給食管理などを行う専門 …

no image
潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)とは、大腸粘膜が炎症を起こしただれて、びらんや潰瘍が出来る炎症性疾患のことで、 …

no image
訪問看護

訪問看護とは居宅サービスのひとつで、看護師や保健師などが利用者宅に訪問し、主治医の指示に基づいた診療や看護ケアを行います …

no image
ウォーターマット

ウォーターマットとは中に水が入っているマットレスのことです。体圧が分散される効果があるため、褥瘡(床ずれ)を予防する目的 …

no image
CPR(シーピーアール)

CPR(シーピーアール)とは、CardioPulmonary Resuscitation の略で心肺蘇生法のことです。病 …