ターミナルケア

    

ターミナルケアとは、症状の改善や治療の見込みがない人に対して、延命処置を行わず、極力痛みがない状態で本人の人生を尊重し、終末期を迎えるケアのこと。ターミナルケアのことを終末期介護とも呼びます。

ガンなどの病気で余命宣告を受けた場合はホスピスでのターミナルケアとなりますが、老衰が多い介護の場合では介護老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅でもターミナルケアが行われるケースが増えています。死をただただ待つのではなく、そこで働く介護スタッフは介護計画を見直し、本人にとって最善の最後を迎えられるよう準備をします。

介護用語辞典

調べたい介護用語を検索してみましょう!

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング

こんな記事も読まれています

no image
動脈血酸素飽和度

動脈血酸素飽和度とは、血液中のヘモグロビンと酸素が結合している割合のこと。計測の際はSAT(サット)やSpO2(エスピー …

no image
ペースト食

ペースト食とは咀嚼や嚥下などに障害(嚥下障害)がある人の食事のこと、普通食として調理した食事に水分を加え、ミキサーなどで …

no image
認知症

認知症とは、大脳の障害により知的機能が低下し、日常生活に支障が生じる症状の病気。数分前のことを忘れたり、時間、日付、場所 …

no image
咳嗽反射(がいそうはんしゃ)

咳嗽反射(がいそうはんしゃ)とは、ウィルスや食べ物などの異物が気管や肺に入った場合に、咳をして体外に出そうとする防衛反射 …

no image
訪問入浴

訪問入浴とは居宅サービスのひとつで、自力でお風呂に入れない方の入浴を手伝うサービスです。入浴介助員が利用者宅に訪問して、 …