特別養護老人ホーム

    

老人福祉法で定められた介護老人福祉施設で入居者数が30人以上の施設のことを特別養護老人ホームと言います。65歳以上で要介護3以上の高齢者を対象として、常時介護が必要で、かつ在宅介護が困難な方を優先的に受け入れています。

入居者の多くは車椅子や寝たきりの高齢者、重度の認知症の高齢者が多くなっています。また有料老人ホームに比べ利用者負担が少ないことから、入居を希望する方が多く、平成26年の時点で50万人超といった方が入居待機状態というデータも出ています。

参考:特別養護老人ホームの入所申込者の状況(厚生労働省)

介護用語辞典

調べたい介護用語を検索してみましょう!

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング

こんな記事も読まれています

no image
滴下

滴下とは、液体がしずくとなって落ちる様子ことで、医療や介護の現場では点滴や胃ろうの際に用いられます。滴下速度や滴下量はク …

no image
喀痰吸引等研修

喀痰吸引等研修とは、医師や看護師以外でも、たんの吸引や経管栄養といった医療行為が行えるようになる研修(資格)のこと。主に …

no image
ADL(エーディーエル)

ADL(エーディーエル)とは、Activities of Daily Living の略で日常生活動作のこと。食事、着替 …

no image
回復期リハビリテーション

回復期リハビリテーションとは、急性期リハビリテーションの後に行われ、日常生活動作の維持や回復を目指して実施されるリハビリ …

no image
訪問介護員

訪問介護員とは、高齢者や障害者の自宅を訪問して、身体介護や家事援助などを行い、生活上の相談にも応じる介護スタッフのこと。 …