4点柵

    

4点柵とは、高齢者がベッドから落下しないように4方に柵を設置した状態のこと。転落防止目的で多くの介護施設で行われていましたが、自らベッドから降りられないという観点から身体拘束に該当するとして平成12年から全面禁止となっています。一方で現場の介護士からは「介護事故のリスクが高くなった」「手が回らない」といった声が非常に多かったそうです。

介護用語辞典

調べたい介護用語を検索してみましょう!

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング

こんな記事も読まれています

no image
周辺症状

周辺症状とは、認知症によって引き起こされる妄想、幻想、徘徊、不潔行為などの周辺的な症状のこと。行動と心理症状という意味の …

no image
アクティビティ

福祉業界におけるアクティビティとは、心や身体が活発になるための手助けとなる様々な活動のことです。介護施設やデイサービスな …

no image
予防衣

予防衣とは、感染症予防のために着用するエプロンのような衣服のこと。排泄物や嘔吐物といった感染症の発生源となる汚物を処理す …

no image
離床介助

離床介助とは、自分の力でベッドから起き上がれない人の手助けをすること。起床介助と同じような意味ですが、起床介助は就寝状態 …

no image
ディスポ手袋

ディスポ手袋とは、使い捨て手袋のことで、リネン交換やオムツ交換など、排泄物を処理する際に用い入られます。なお、介護現場で …