病院(クリニック)

    

病院(クリニック)

介護士が必要とされているのは、なにも介護施設や訪問介護だけではありません。高齢者が多く入院・通院する病院やクリニックでも介護のエキスパートは必要とされています。介護士ではなく看護助手としての勤務になるかと思いますが、介護業務に関してはほとんど同じ仕事内容と言っていいでしょう。

病院では身体介護のみを行う

病院ではレクリエーションやイベント行事といった事は一切行われません。基本的に長期入院を想定していないため、介護サービスに関しては必要最低限。1人に時間が取られる食事介助などはほとんどなく、着替え、おむつ交換、シーツ交換と、週1~2回の入浴介助などです。

准看護師や看護助手が介護業務を兼任している病院も多いですが、大きな病院では介護専門のスタッフを雇っている所もあります。

病院の配置職員

病院(クリニック)の利用者情報

病院で介護を必要としている人は高齢者だけではなく、ケガや手術で生活援助を必要としている患者全員が対象です。介護技術は求められますが、患者には子供や成人もいるので、そういった人への接し方にも注意が必要となってきます。

病院での介護士のポジションは看護師の下、つまり看護助手となる場合が多いそうです。ですので、おむつ交換やシーツ交換といった介護業務はもちろん、たん吸引や胃ろう患者への食事対応も任せられるでしょう。

ちなみに、病院の場合は医療関係者による喀痰吸引等の実施体制が整っているため、喀痰吸引等研修を修了していない介護士が対応して問題ないそうです。

病院勤務の介護職は、介護施設と大きく環境が違いますが、病院勤めなので福利厚生が充実しているというメリットもあるみたいですよ。

病院(クリニック)の転職におすすめな介護求人サイト

この記事に共感できたら

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング

こんな記事も読まれています

小規模多機能型居宅介護施設
小規模多機能型居宅介護施設

小規模多機能型居宅介護施設とは、ひとつの事業所で複合サービスを提供できる形態の居宅介護サービスです。提供可能な介護サービ …

有料老人ホーム
有料老人ホーム

有料老人ホームには一般的な介護付有料老人ホームの他に、住宅型有料老人ホームと健康型有料老人ホームがあります。また、有料老人ホームには施設内のスタッフが介護サービスを提供する介護専用型、要介護者と健常者を受け入れている混合型、すべての介護サービスを外部事業者に依頼する外部サービス利用型といった種類もあります。

グループホーム
グループホーム

グループホームは認知症高齢者グループホームや認知症対応型共同生活介護とも呼ばれており、食事介助や入浴介助を提供する介護施設ではありませんが、機能訓練やレクリエーションが充実している施設が多く、治療しながら自立支援を行うといったサービスが受けられます。

訪問介護事業所(ホームヘルプサービス)
訪問介護事業所(ホームヘルプサービス)

訪問介護とはホームヘルパーが介護を必要とする高齢者の自宅を訪問して、身体介護や生活援助を行う居宅介護サービスのことです。提供される介護サービスは多岐にわたり、主にケアマネジャーが作成したケアプラン(介護計画)にそって行われます。

特別養護老人ホーム
特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは特養や介護老人福祉施設とも呼ばれ、社会福祉法人や地方自治体によって運営されている公的な介護施設です。有料老人ホームに比べ入居費用が格段に安いということで、現在50万人以上の入居待機高齢者がいると言われてます。ちなみに特養に入居できる順番は、要介護度が高くご家族の事情を踏まえて緊急性が高いと判断された高齢者が優先となっています。