訪問入浴で働く職員の仕事内容とやりがい

    

訪問入浴で働く職員の仕事内容や業務について

訪問入浴は、ご自宅でお風呂に入ることが困難な高齢者・身体障害者の、入浴をサポートする介護サービスです。基本的には、ヘルパーオペレーター看護師の3人1組のチームで利用者宅を訪問し、入浴介助を行います。

訪問入浴介護事業所で働く職員

職種 役割
ヘルパー 入浴介助・浴槽準備
オペレーター 訪問入浴車の運転・入浴介助・浴槽準備・ボイラー管理
看護師 体調確認・入浴介助
管理者 事業所常勤・管理業務

訪問入浴の仕事内容

訪問入浴のサービス提供時間は、1件あたり40~60分程度。1日数軒の利用者宅を訪問する場合は、限られた時間内でテキパキ動く必要があります。

1. 入浴前の体調確認(バイタルチェック)

利用者宅に訪問して、まずは看護師が利用者様の体調確認(バイタルチェック)を行います。血圧、脈拍、体温などの健康状態に異常がなければ入浴可能です。

入浴不可の場合は、清拭部分浴となります。

ですので、看護師が「入浴可能」と判断してから入浴準備に取り掛かります。それまでヘルパーやオペレーターは、机や椅子などの家具を移動し、浴槽を設置するスペースの確保などを行います。

※清拭(温めたタオルで体や陰部を拭く・ドライシャンプーによる洗髪など)
※部分浴(シャワー等により、洗髪・陰部・足部等の洗浄など)

入浴前の体調確認(バイタルチェック)

提供:アサヒケアセンター

2. 浴槽準備・湯はり

まずは、訪問入浴車に積まれた浴槽の組み立てから始めます。訪問入浴用の浴槽は、前後2つのパーツに分かれている物から、そのまま浴槽の物まで様々。どちらにしても重量があるため、運ぶにはそこそこ力が必要になります

室内にグラウンドシート(防水シート)を引いて浴槽を設置。給水ホースと排水ホースを繋いで湯はりを行います。

浴槽に入れるお湯は、こまめな温度調整が必要となりますので、訪問入浴車に搭載された専用の灯油ボイラーで沸かします。事業所によっては、ご自宅の給湯器を使用してお湯を沸かす事業所もあるようです。

浴槽に使用する水は、訪問入浴車に搭載された清水タンクの水を使用する場合や、利用者宅の水道水をお借りする場合など、事業所によって様々。1日に数件回る場合は、水道をお借りする場合がほとんどです。

訪問入浴車

提供:イフレンタカー

浴槽のはるお湯の温度は基本的に微温浴。利用者様の身体に負担がかからない温度で入浴介助を行います。

希望に応じて温度あげたり下げたりと、可能な限り柔軟な対応が求めらます。

また、冬場であれば、入浴介助後に湯冷めしないよう、エアコンで室内の温度を高めにしておくことも重要です

3. 入浴介助

まずは、利用者様の服を脱がせる脱衣介助から行います。この際も、看護師やヘルパーは利用者様の身体に異常がないか注意を払う必要があります

衣服を脱いだら入浴介助となります、洗髪、洗身で優しくゆっくりと身体を洗います。

シャンプーやボディーソープなどは、事業所で用意した低刺激の製品を使用しますが、利用者様のお気に入りがあればそちらを使う場合もあります。

その他、入浴剤などを使用して、利用者様には心身ともにリラックスしていただきます

全身を綺麗に洗い終わったら、最後はシャワーを使った上がり湯でゆっくりと洗い流します。

全身の水気を拭き取り終えたら着衣介助を行います。体が冷えないよう、ヘアードライは服を着てから行いましょう。

訪問入浴の入浴介助

提供:社会福祉法人秀峰会

4. 入浴後の体調確認(バイタルチェック)

入浴介助後には、もう一度体調チェックして血圧、脈拍、体温などの健康状態を確認します。この時に、何気ない会話で利用者様とコミュニケーションをとることも大切です

5. 浴槽の片付け

看護師が体調確認をしている間、ヘルパーとオペレーターは浴槽の洗浄・片付けを行います。

浴槽のお湯はホースを使い自宅の排水溝へ流し、部屋の床が濡れないよう細心の注意を払って、速やかに搬出します。

なお、この後に次のお宅へ訪問する場合は、浴槽の消毒も並行して行います。

訪問入浴の浴槽の片付け

提供:清流苑訪問入浴サービスセンター

介護業界初心者には訪問入浴がおすすめ

基本的に、訪問入浴はヘルパー・オペレーター・看護師の3人1チーム。バイタルチェックのため必ず看護師が同行するので、もしもの事があった場合も対応できます。ですので、常に1人で仕事をする訪問介護よりは安心なのかもしれませんね。

また、提供する介護サービスは入浴介助のみなので、業務内容自体は非常に単調。「入浴介助が好きだ」という方はおそらくいないと思いますが、訪問介護での調理や掃除が苦手という方には、おすすめできる仕事です。

そして何よりも、訪問入浴では目に見えて利用者様が喜んでくれます。お年寄りの笑顔に直接つながる仕事のなので、やりがいは十分に得られるでしょう。

介護業界初心者には訪問入浴がおすすめ

提供:株式会社ケアサービス

入浴介助は同性介護の配慮も必要

女性ヘルパーを嫌がる男性利用者様は少ないですが、男性ヘルパーを嫌がる女性利用者様は意外と多いそうです。

もし、同性介護の要望があった場合、男性ヘルパーはオペレーターとして、浴槽の設置、ボイラー管理(温度調整)、給湯ポンプの操作など、入浴介助以外の業務サポートを行います。

訪問入浴は給料が高い?

一部特例を除き、訪問入浴には夜勤はありません。しかし、平均給料は月20万円前後と介護職では賃金が高い方と言われています。

さらに、介護職員処遇改善加算を加えれば、もう少し給料アップが期待できます。

また、介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)や介護福祉士を保有している方なら、資格手当が付く事業所もあります。

訪問入浴は残業少なめ?

訪問入浴での勤務時間に関しては、訪問介護同様に1件あたり何時~何時までと決まっているため、そこまで残業は多くありません

ただし、事務所に戻った後に浴槽や機材の洗浄や消毒、片付けなどで、多少の残業は覚悟しましょう。

とは言っても、職員同士和気あいあいと雑談しながらの残業。コミュニケーションの場として割り切ることがポイント。

浴槽の搬入・搬出が一番キツイ

「訪問入浴は浴槽の搬入・搬出が一番キツイ!」といった意見が多く聞かれます。

一人で運ぶ浴槽の重さは約20kg。もし、訪問先がエレベーターの無い集合住宅なら…想像しただけでその辛さが理解できるかと思います。

また、入浴介助中も中腰の時間が長く、腰痛持ちや膝が悪い方にはおすすめできません

その他にも、浴槽を運び入れる際に壁を傷を付けないようにだったり、床が畳やカーペットだと絶対に濡らせないなど、気をつかう場面が多く、精神的に疲れるという意見もありました。

訪問入浴は浴槽の搬入・搬出が一番キツイ

提供:社会福祉法人松美会

1日に5~8件訪問することも

訪問入浴は、人件費や車両維持費など1件あたりのコストが非常に高いので、利益を上げるには件数をこなす必要があります。そのため、多い場合だと1日5~8件の自宅を訪問することも。

また、休憩時間も割と少なく、車内で昼食を食べる移動食は当たり前。訪問入浴は、給料が高くて残業も少なめですが、就業時間中はフル稼働ということですね。

訪問入浴はチームワークが求められる

職員同士の人間関係がギクシャクしては、利用者様に質の高いサービスは提供できません。特に訪問入浴では、職員同士のチームワークが何よりも大事

ですが、余計な心配いりません。訪問入浴は比較的、職場の雰囲気が良いので、否が応でもチーム内は仲良くなるはず。

職員同士、普段からコミュニケーションをとって、良い関係性を構築しましょう。

訪問入浴で働くメリットや仕事のやりがい

  • 給料が高いこと
  • 夜勤がないこと
  • 残業が少ないこと
  • 利用者様の笑顔がみられる

訪問入浴で働くデメリットや仕事で大変なこと

  • 力仕事が多く体力的にハード
  • 休憩時間が少ないこと
  • コミュニケーション能力が求められる

訪問入浴の求人探しにおすすめな介護転職サイト

訪問入浴の求人探しにおすすめな介護転職サイトはかいご畑です。当サイトに寄せられた口コミでも評判が良い求人サイトです!

かいご畑

かいご畑は、福祉系の人材紹介サービスのニッソーネットが運営する介護派遣の求人サイト。正社員からパート、派遣まで幅広い雇用形態に対応しています。

資格取得支援制度を利用して、介護職員初任者研修実務者研修が無料で取得できるので、特に無資格・未経験の方には特におすすめ!

介護保険では、訪問介護よりも訪問入浴の方が単位数が高いため、利用者様の多くは要介護度4~5と、介助自体が大変な場合もあります。

しかし、介護における入浴は、身体を清潔に保つだけでなく、血行の促進心身のリフレッシュのためにも重要な行為。利用者様も訪問入浴を楽しみにしており、ヘルパーにしか見せない笑顔に出会える仕事です

そんな、お年寄りが喜ぶ姿を間近で見られる訪問入浴で、あなたも働いてみませんか?

この記事に共感できたら

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング

こんな記事も読まれています

ケアハウス
ケアハウス(軽費老人ホーム)

ケアハウスとは、社会福祉法人、地方自治体、民間事業者などによって運営されている介護施設で、自立はできるが諸事情により家庭での暮らしが困難な高齢者が入居する介護施設のことです。ケアハウスは自治体の助成金を受けており、比較的安い費用で入居できることから軽費老人ホームとも呼ばれています。

病院(クリニック)
病院(クリニック)

介護スタッフが必要とされているのは、なにも介護施設や介護事業所だけではありません。病院でも介護士の募集はされています。准看護師や看護助手が介護業務を兼任している病院も多いですが、大きな病院では介護専門のスタッフを雇っている所もあります。

特別養護老人ホーム
特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは特養や介護老人福祉施設とも呼ばれ、社会福祉法人や地方自治体によって運営されている公的な介護施設です。有料老人ホームに比べ入居費用が格段に安いということで、現在50万人以上の入居待機高齢者がいると言われてます。ちなみに特養に入居できる順番は、要介護度が高くご家族の事情を踏まえて緊急性が高いと判断された高齢者が優先となっています。

訪問介護事業所(ホームヘルプサービス)
訪問介護事業所(ホームヘルプサービス)

訪問介護とはホームヘルパーが介護を必要とする高齢者の自宅を訪問して、身体介護や生活援助を行う居宅介護サービスのことです。提供される介護サービスは多岐にわたり、主にケアマネジャーが作成したケアプラン(介護計画)にそって行われます。

有料老人ホーム
有料老人ホーム

有料老人ホームには一般的な介護付有料老人ホームの他に、住宅型有料老人ホームと健康型有料老人ホームがあります。また、有料老人ホームには施設内のスタッフが介護サービスを提供する介護専用型、要介護者と健常者を受け入れている混合型、すべての介護サービスを外部事業者に依頼する外部サービス利用型といった種類もあります。