介護老人保健施設

    

介護老人保健施設

介護老人保健施設とは、介護を必要としている高齢者の治療や機能訓練を行いながら、自立や自宅生活復帰を最終的な目標にした入居施設のことで、「老健(ろうけん)」とも略されています。

介護老人保健施設では、医療ケアは常勤の医師による医学的管理下のもとで行われます。また作業療法士や理学療法士による専門的なリハビリテーション、栄養士や調理師による栄誉管理も行われています。

介護サービスにおいても、介護士による日常的な身体介護や生活支援が受けられますが、レクリエーションやクラブ活動といったことはほとんど行われません。

老健は在宅復帰が最終目標

介護老人保健施設の大きな特徴は、自立や家庭復帰を目標にした施設ということ。つまり、有料老人ホームや特別養護老人ホームのように永住することはできません。

老健の入居期間は原則3ヶ月と決まっています。期日に近づくと利用者の容態審査が行われて、自立可能と診断されると退去しなければいけません。特別養護老人ホームまでとはいきませんが、公的施設のため入居費用が安く、数ヶ月ほどの入居待ちが出ています。

介護老人保健施設の配置職員

介護老人保健施設の入居者情報

介護老人保健施設の入居基準は、要介護認定で要介護1~5と診断され、病状が安定して入院の必要がない65歳以上の高齢者となっています。

さらに3カ月の機能訓練で自立が可能と判断されなければ入居することはできません。ですので、重度の認知症高齢者や寝たきりの高齢者は入居していません。

利用者への介護は在宅復帰のリハビリも兼ねており、できることは極力自分でやってもらうといった心がけが必要です。全く何もしないというよりは、助けが必要なのか無理してでも自力でやってもらうのかといった見極めも求められるでしょう。

介護老人保健施設の転職におすすめな介護求人サイト

この記事に共感できたら

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング

こんな記事も読まれています

小規模多機能型居宅介護施設
小規模多機能型居宅介護施設

小規模多機能型居宅介護施設とは、ひとつの事業所で複合サービスを提供できる形態の居宅介護サービスです。提供可能な介護サービ …

グループホーム
グループホーム

グループホームは認知症高齢者グループホームや認知症対応型共同生活介護とも呼ばれており、食事介助や入浴介助を提供する介護施設ではありませんが、機能訓練やレクリエーションが充実している施設が多く、治療しながら自立支援を行うといったサービスが受けられます。

ショートステイ
ショートステイ(短期入所生活介護)

ショートステイとは短期入所生活介護のことで、普段は在宅介護を行っている利用者が短期的に入所できる介護施設のことです。ショートステイは主に特別養護老人ホームや有料老人ホームで運営されており、食事、入浴、排泄といった生活介助から、レクリエーション、機能訓練などが行われます。

訪問入浴で働く職員の仕事内容や業務について
訪問入浴で働く職員の仕事内容とやりがい

訪問入浴はヘルパー・オペレーター・看護師の3人1組のチームで利用者様のお宅に訪問し、浴槽を設置し入浴介助を行う在宅介護サービスです。浴槽搬入が大変で、1日に5~8件訪問することも。ですが、お年寄りが喜ぶ姿を間近で見られることがやりがいです。

特別養護老人ホーム
特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは特養や介護老人福祉施設とも呼ばれ、社会福祉法人や地方自治体によって運営されている公的な介護施設です。有料老人ホームに比べ入居費用が格段に安いということで、現在50万人以上の入居待機高齢者がいると言われてます。ちなみに特養に入居できる順番は、要介護度が高くご家族の事情を踏まえて緊急性が高いと判断された高齢者が優先となっています。