サービス付き高齢者向け住宅

    

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅とは、単身の高齢者や高齢夫婦が安心して暮らすことができる賃貸住宅のことで、サ高住やサ付きとも略されます。また老人ホームのように利用権方式ではなく、アパートやマンション同様の賃貸借方式の施設が多くなっています。

運営は民会事業者によって行われており、一般的な賃貸住宅と同様に全室個室で、各入居者は自立して生活をしています。

サービス付き高齢者向け住宅では、バリアフリー化された住居の提供以外にも、1日3食の食事提供や見守り介護等の介護サービスが提供される施設もあります。

食事費用も含まれるので月額費用は10万円以上と高額な施設が多いですが、専属の調理スタッフによる栄養バランスが考慮された食事や入居者に合わせた調理方法で提供されます。

ただし、特定施設入居者生活介護の指定を受けている一部のサービス付き高齢者向け住宅では、介護士による身体介護や看護師による医療ケアなど有料老人ホーム同等のサービスが提供されています。

サービス付き高齢者向け住宅の配置職員

サービス付き高齢者向け住宅の入居者情報

特定施設入居者生活介護の指定を受けている施設を除き、一般的なサービス付き高齢者向け住宅の基本的な入居基準は、自立ができ、認知症でない60歳以上の高齢者とその同居人となっています。

介護職員は常勤していますが、基本的に見守り介護や生活支援のみしか行わないため、介護が必要となった場合は外部の訪問介護や訪問入浴を利用しなければなりません。

実際のところ、日中は各々で外出していたり、デイサービスやデイケアに行っていたりしているため、介護職員の業務はほとんどないそうです。

またサービス付き高齢者向け住宅にはカラオケや麻雀といった娯楽設備が充実している所が多く、同じ施設内の入居者同士で楽しく暮らしています。

介護や生活支援を必要としている高齢者というよりは、家庭や家族の事情で自宅で暮らせなくなったという高齢者が多い印象があります。

サービス付き高齢者向け住宅の転職におすすめな介護求人サイト

この記事に共感できたら

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング

こんな記事も読まれています

グループホーム
グループホーム

グループホームは認知症高齢者グループホームや認知症対応型共同生活介護とも呼ばれており、食事介助や入浴介助を提供する介護施設ではありませんが、機能訓練やレクリエーションが充実している施設が多く、治療しながら自立支援を行うといったサービスが受けられます。

病院(クリニック)
病院(クリニック)

介護スタッフが必要とされているのは、なにも介護施設や介護事業所だけではありません。病院でも介護士の募集はされています。准看護師や看護助手が介護業務を兼任している病院も多いですが、大きな病院では介護専門のスタッフを雇っている所もあります。

訪問介護事業所(ホームヘルプサービス)
訪問介護事業所(ホームヘルプサービス)

訪問介護とはホームヘルパーが介護を必要とする高齢者の自宅を訪問して、身体介護や生活援助を行う居宅介護サービスのことです。提供される介護サービスは多岐にわたり、主にケアマネジャーが作成したケアプラン(介護計画)にそって行われます。

デイサービス
デイサービス(通所介護)

デイサービスとは通所介護のことで、社会福祉法人や民間業者によって運営されている居宅サービスのことです。自宅で暮らしている高齢者が今後も自立して日常生活が送れるように支援することで、介護サービスだけでなく機能訓練や認知症ケアといったサービスを提供しています。

訪問入浴で働く職員の仕事内容や業務について
訪問入浴で働く職員の仕事内容とやりがい

訪問入浴はヘルパー・オペレーター・看護師の3人1組のチームで利用者様のお宅に訪問し、浴槽を設置し入浴介助を行う在宅介護サービスです。浴槽搬入が大変で、1日に5~8件訪問することも。ですが、お年寄りが喜ぶ姿を間近で見られることがやりがいです。