ショートステイ(短期入所生活介護)

    

ショートステイ

ショートステイ(短期入所生活介護)とは、普段は在宅介護を行っている利用者が短期的に入所できる介護施設のことです。主に特別養護老人ホームや有料老人ホームで運営されており、食事、入浴、排泄といった生活介助から、レクリエーション、機能訓練などが行われます。

介護施設同等の設備と職員体制での介護

ショートステイにはデイサービス(通所介護)同様に自宅への送迎もサービスに含まれています。介護施設ではケアマネジャーによる介護計画を元に適切な介護サービスが提供され、看護師による健康管理なども行われます。

宿泊ができるということだけでなく、レクリエーションなどにも参加できるので、在宅介護での孤立感の解消や心身機能の維持回復も目的とされています。なお、ショートステイの連続利用日数は30日までと決まっています。

30日以上ショートステイを利用し続ける利用者もいる

ショートステイは最長で30日までの利用と決まっていますが、中には31日目に一度退去したり、31日目だけ介護保険を使わず自己負担で利用して、長期間入居し続ける利用者もいるそうです。

これらは本来の短期入所生活介護の目的に反する行為なのですが、介護施設不足の現状では行政機関も目をつぶっている状態だそうです。

ショートステイの配置職員

ショートステイの利用者情報

ショートステイの利用対象者は、要支援1〜2、または要介護1〜5の認定を受けた高齢者と決まっています。ですので、元気な高齢者から、重度の認知症高齢者や寝たきりの高齢者の利用もあります。

利用者のほとんどが、身内の結婚式や葬儀といった冠婚葬祭の参加で、やむをえず数日間だけ在宅介護ができないといった介護者の事情によるものです。その他には、長期旅行や家族の精神的・肉体的な負担を和らげるために利用されます。

また、在宅介護が難しくなった際に、介護老人保健施設や特別養護老人ホームへの入居待ち期間にも利用するケースが多くなっています。

ショートステイの転職におすすめな介護求人サイト

この記事に共感できたら

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング

こんな記事も読まれています

訪問入浴で働く職員の仕事内容や業務について
訪問入浴で働く職員の仕事内容とやりがい

訪問入浴はヘルパー・オペレーター・看護師の3人1組のチームで利用者様のお宅に訪問し、浴槽を設置し入浴介助を行う在宅介護サービスです。浴槽搬入が大変で、1日に5~8件訪問することも。ですが、お年寄りが喜ぶ姿を間近で見られることがやりがいです。

居宅介護支援事業所
居宅介護支援事業所

居宅介護支援事業所とは、これから介護サービスを利用しようと考えている利用者やそのご家族をサポートする所で、都道府県の指定を受けた専門の事業所のことです。介護保険の利用に関する支援や要介護認定の申請代行、ケアマネジャーによるケアプランの作成や見直しなど、利用者が適切な介護サービスを受けらるように支援してくれます。

ケアハウス
ケアハウス(軽費老人ホーム)

ケアハウスとは、社会福祉法人、地方自治体、民間事業者などによって運営されている介護施設で、自立はできるが諸事情により家庭での暮らしが困難な高齢者が入居する介護施設のことです。ケアハウスは自治体の助成金を受けており、比較的安い費用で入居できることから軽費老人ホームとも呼ばれています。

特別養護老人ホーム
特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは特養や介護老人福祉施設とも呼ばれ、社会福祉法人や地方自治体によって運営されている公的な介護施設です。有料老人ホームに比べ入居費用が格段に安いということで、現在50万人以上の入居待機高齢者がいると言われてます。ちなみに特養に入居できる順番は、要介護度が高くご家族の事情を踏まえて緊急性が高いと判断された高齢者が優先となっています。

サービス付き高齢者向け住宅
サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅とは、単身の高齢者や高齢夫婦が安心して暮らすことができる賃貸住宅のことで、サ高住やサ付きとも略されます。また老人ホームのように利用権方式ではなく、アパートやマンション同様の賃貸借方式の施設が多くなっています。