動脈血酸素飽和度

    

動脈血酸素飽和度とは、血液中のヘモグロビンと酸素が結合している割合のこと。計測の際はSAT(サット)SpO2(エスピーオーツー)とも呼ばれ、正常の人であれば95%~99%といった数値になります。90%を切ると呼吸不全と判断され、一度に3%~4%の下降があれば何かしらの急性疾患を引き起こしていると考えられます。

ですが、動脈血酸素飽和度の数値は個人差もあるため長期的なバイタルチェックを元に判断することが重要とされています。

こちらの記事もおすすめ

この記事に共感できたら

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング

こんな記事も読まれています