経管栄養

介護の専門用語辞典

喀痰吸引等研修

喀痰吸引等研修とは、医師や看護師以外でも、たんの吸引や経管栄養といった医療行為が行えるようになる研修(資格)のこと。主に、介護施設や訪問介護で働く介護スタッフ向けの研修で、基本研修と実地研修の2つのカリキュラムで構成されています。
介護の専門用語辞典

長期栄養管理法

長期栄養管理法とは、経管栄養や経鼻栄養といった方法で、長期的かつ安全に栄養を摂取する方法のこと。むせや誤飲といった嚥下障害がみられ、常食では誤嚥や肺炎のリスクがある方が行っています。
介護の専門用語辞典

マーゲンチューブ

マーゲンチューブとは、経管栄養の一種でもある、鼻から流動食などの栄養を胃に入れる経鼻栄養に使われるシリコン製の管のこと。胃管、胃チューブ、胃ゾンデとも呼ばれています。経管栄養以外にも、胃の手術時に胃液などの胃内容物を体外に排出する際にも使用...
介護の専門用語辞典

経管栄養

経管栄養とは、カテーテルを使い、体外から消化器官に流動食を投与する処置。主に嚥下障害の高齢者や消化器官の障害などで口からの食事ができない患者に施される。 鼻からチューブを入れる方法を経鼻栄養、腹部にPEG(ペグ)と呼ばれる器具を装着し...
介護の専門用語辞典

医療行為

医療行為とは、医師や歯科医師、また医師の指示を受けた看護師など医療従業者のみ行うことが認められている治療や処置のこと。介護の現場では、たん吸引や胃ろうといった経管栄養などが該当します。
タイトルとURLをコピーしました