BPSD(ビーピーエスディー)

    

BPSD(ビーピーエスディー)とは、認知症の症状の一種で、急に暴力的になったり、徘徊をしたり、幻覚などが見えたりする症状のこと。周辺的な症状ということから周辺症状と呼ばれたり、語源の「Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia」の直訳で行動と心理症状とも呼ばれています。

介護用語辞典

調べたい介護用語を検索してみましょう!

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング

こんな記事も読まれています

no image
発赤(ほっせき)

発赤(ほっせき・はっせき)とは、皮膚や粘膜の一部が炎症によって赤くなり充血することを言います。介護では褥瘡(床ずれ)の初 …

no image
応益負担

応益負担とは、自分が受けた利益に応じて対価を負担するという意味です。医療・介護・福祉では、所得などに関係なく、受けたサー …

no image
RICE処置

RICE処置とは、応急処置時に必要なRest(安静)・Ice(冷却)・Compression(圧迫)・Elevation …

no image
介護予防運動指導員

介護予防運動指導員とは、介護が必要になる高齢者を減らすことが目的の介護予防を専門的に行う職員のこと。有料老人ホームやデイ …

no image
ドレーン

ドレーンとは、体内に溜まった消化液、膿、血液などを体外に排出際に用いられる管のことです。ドレーンのことを誘導管や排液管と …