特別養護老人ホーム

    

老人福祉法で定められた介護老人福祉施設で入居者数が30人以上の施設のことを特別養護老人ホームと言います。65歳以上で要介護3以上の高齢者を対象として、常時介護が必要で、かつ在宅介護が困難な方を優先的に受け入れています。

入居者の多くは車椅子や寝たきりの高齢者、重度の認知症の高齢者が多くなっています。また有料老人ホームに比べ利用者負担が少ないことから、入居を希望する方が多く、平成26年の時点で50万人超といった方が入居待機状態というデータも出ています。

参考:特別養護老人ホームの入所申込者の状況(厚生労働省)

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

no image

訪問介護

訪問介護とは居宅サービスのひとつで、訪問介護員(ホームヘルパー)が利用者宅に訪問し、日常生活上の世話を行います。提供され …

no image

CPR(シーピーアール)

CPR(シーピーアール)とは、CardioPulmonary Resuscitation の略で心肺蘇生法のことです。病 …

no image

ハイムリック法

ハイムリック法とは、誤嚥や窒息時の応急処置のひとつで、上腹部圧迫法のこと。立位または座位の状態で後ろから手を回して上腹部 …

no image

床ずれ

床ずれとは正式名称を褥瘡(じょくそう)と言い、肩や肘、腰といった骨の出っ張りが見られる箇所が長時間に渡る圧迫、またはシー …

no image

4点柵

4点柵とは、高齢者がベッドから落下しないように4方に柵を設置した状態のこと。転落防止目的で多くの介護施設で行われていまし …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング