動脈血酸素飽和度

    

動脈血酸素飽和度とは、血液中のヘモグロビンと酸素が結合している割合のこと。計測の際はSAT(サット)SpO2(エスピーオーツー)とも呼ばれ、正常の人であれば95%~99%といった数値になります。90%を切ると呼吸不全と判断され、一度に3%~4%の下降があれば何かしらの急性疾患を引き起こしていると考えられます。

ですが、動脈血酸素飽和度の数値は個人差もあるため長期的なバイタルチェックを元に判断することが重要とされています。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

no image

BPSD(ビーピーエスディー)

BPSD(ビーピーエスディー)とは、認知症の症状の一種で、急に暴力的になったり、徘徊をしたり、幻覚などが見えたりする症状 …

no image

胃ろう

胃ろうとは、カテーテルと呼ばれるチューブを胃に装着し、胃へ直接栄養を入れるための手術のことです。嚥下障害の方や食事に対す …

no image

一般病床

一般病床とは、主に急性疾患の患者を対象とする病床(ベッド)のことです。医療法において、精神病床、感染症病床、結核病床、療 …

no image

ケアプラン

ケアプランとは、ケアマネジャーが作成する介護計画のこと。利用者面談やアセスメントの後、利用者のニーズに合った適切な介護サ …

no image

通所介護

通所介護とは居宅サービスの一種で、在宅で介護を必要としている高齢者が、介護施設や事業所に通い、入浴や食事、治療や訓練とい …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング