解離性大動脈瘤

 

解離性大動脈瘤(かいりせいだいどうみゃくりゅう)とは、何かしらの原因で大動脈の内膜が破れ、中膜との間に血液が流入して瘤(こぶ)になった状態のことを言います。原因のほとんどは動脈硬化によるもので、急激に血圧が上がったりした場合に発症しやすくなります。解離性大動脈瘤には、激しい痛みを伴い、失神、痙攣(けいれん)、意識障害などを引き起こす場合もあります。

こちらの記事もおすすめ

この記事に共感できたら

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング