解離性大動脈瘤

 

解離性大動脈瘤(かいりせいだいどうみゃくりゅう)とは、何かしらの原因で大動脈の内膜が破れ、中膜との間に血液が流入して瘤(こぶ)になった状態のことを言います。原因のほとんどは動脈硬化によるもので、急激に血圧が上がったりした場合に発症しやすくなります。解離性大動脈瘤には、激しい痛みを伴い、失神、痙攣(けいれん)、意識障害などを引き起こす場合もあります。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

no image

移動支援事業

移動支援事業とは、障害者自立支援制度の地域生活支援事業のひとつで、屋外での移動が困難な障がい者に対し、地域における自立し …

no image

嚥下障害(えんげしょうがい)

嚥下障害(えんげしょうがい)とは、食べ物や飲み物などを飲み込む動作(嚥下)が、疾患や障害によって正常に行われない状態のこ …

no image

嚥下性無呼吸

嚥下性無呼吸とは、食塊が咽頭を通過する際に、気管には入らないように喉頭蓋(こうとうがい)が持ち上がり、声門も閉鎖されるこ …

no image

オリーブ橋小脳萎縮症

オリーブ橋小脳萎縮症とは脊髄小脳変性症の一種で、小脳や橋底部を中心に脳幹に縮小がみられる状態のことです。運動失調や自律神 …

no image

訪問介護事業所

訪問介護事業所とは、訪問介護(ホームヘルプサービス)の契約や相談といった事務処理のみを行う場所のこと。訪問介護事業所には …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング