解離性障害

 

解離性障害(かいりせいしょうがい)とは精神疾患のひとつで、意識の統合が失われたり、知覚や記憶の喪失、連続性の欠如などが起こります。解離性障害の種類には、最近のことや昔の出来事を覚えていない又は部分的に思い出せない解離性健忘(かいりせいけんぼう)、突発的にその場から遠くへ旅立つ解離性遁走(かいりせいとんそう)、以前は多重人格障害と呼ばれ自身の中に複数の人物が存在する解離性同一性障害(かいりせいせいどういつせいしょうがい)、幽体離脱のような感覚で自分の身体や精神機能から遊離している感覚に陥る離人症性障害(りじんしょうせいしょうがい)があります。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

no image

機能訓練指導員

機能訓練指導員とは、日常生活を送るために必要な機能の低下を防ぐためのリハビリテーション(訓練)を行う職業のこと。具体的に …

no image

アイスマッサージ

アイスマッサージとは、嚥下マッサージ手法の一つで、綿棒の先端を凍らせたり氷水を染み込ませたりして、上あごや舌を刺激します …

no image

介護サービス計画

介護サービス計画とは、ケアマネジャーが作成する介護計画のことで、ケアプランとも呼ばれます。介護サービス計画では、利用者面 …

no image

移乗介助

移乗介助とは利用者の移乗を支援することで、片麻痺がみられる高齢者の場合は健側を軸にして自立で立ち上がり、移譲先へ回転する …

no image

イブニングケア

イブニングケアとは夕方から夜間にかけて行う介護行為で、1日を心地よく終え快適に睡眠に入れるように行います。着替えや歯磨き …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング