解離性障害

 

解離性障害(かいりせいしょうがい)とは精神疾患のひとつで、意識の統合が失われたり、知覚や記憶の喪失、連続性の欠如などが起こります。解離性障害の種類には、最近のことや昔の出来事を覚えていない又は部分的に思い出せない解離性健忘(かいりせいけんぼう)、突発的にその場から遠くへ旅立つ解離性遁走(かいりせいとんそう)、以前は多重人格障害と呼ばれ自身の中に複数の人物が存在する解離性同一性障害(かいりせいせいどういつせいしょうがい)、幽体離脱のような感覚で自分の身体や精神機能から遊離している感覚に陥る離人症性障害(りじんしょうせいしょうがい)があります。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

no image

ADL(エーディーエル)

ADL(エーディーエル)とは、Activities of Daily Living の略で日常生活動作のこと。食事、着替 …

no image

医療保険

医療保険とは、病気や怪我の診療や治療によって発生した医療費の一部、または全額を給付する保険のことです。社会保険や健康保険 …

no image

住所地特例

住所地特例とは、住民票を移した後も引き続き以前に住んできた地域の保険者となる特例措置のことです。一部の地域に介護施設が集 …

no image

アプローチ

福祉介護におけるアプローチとは、支援を必要としている人に支援を目的として接することや、問題解決のためにはたらきかけること …

no image

RICE処置

RICE処置とは、応急処置時に必要なRest(安静)・Ice(冷却)・Compression(圧迫)・Elevation …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング