外来リハビリテーション

外来リハビリテーションとは、退院後、通院によって行うリハビリテーションのことです。日常生活動作の向上を目指すため、主治医の指示のもと、入院中のリハビリテーションから継続的に行われます。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

こんな記事も読まれています

no image

常食

常食とは、健康な人が日常生活で食べる食事のこと。病院などでは健康回復期の人の食事のことで、消化しやすいもの、繊維質が少な …

no image

圧迫骨折

圧迫骨折とは、外傷や日常動作などから、骨が潰れてしまう骨折のことで、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)は基礎疾患にある場合が …

no image

一般病床

一般病床とは、主に急性疾患の患者を対象とする病床(ベッド)のことです。医療法において、精神病床、感染症病床、結核病床、療 …

no image

地域活動支援センター

地域活動支援センターとは、障害者自立支援制度で市区町村が実施する地域生活支援事業のひとつ。創造的活動や生産活動の機会を提 …

no image

介護事務

介護事務とは、介護施設や介護事業所で事務業務を行う職員のこと。電話対応や書類作成に加えレセプト(介護給付費請求明細書)の …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング