床ずれ

    

床ずれとは正式名称を褥瘡(じょくそう)と言い、肩や肘、腰といった骨の出っ張りが見られる箇所が長時間に渡る圧迫、またはシーツなどとの摩擦によって、皮膚が損傷する状態のことを言います。床ずれが重症化すると皮膚が黒くなり、ただれ出し、最終的には腐敗した状態になります。発見次第、医師、または看護師による処置を行い、必要であれば壊死した部位の切り落としも行われます。

こちらの記事もおすすめ

この記事に共感できたら

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング