床ずれ

床ずれとは正式名称を褥瘡(じょくそう)と言い、肩や肘、腰といった骨の出っ張りが見られる箇所が長時間に渡る圧迫、またはシーツなどとの摩擦によって、皮膚が損傷する状態のことを言います。床ずれが重症化すると皮膚が黒くなり、ただれ出し、最終的には腐敗した状態になります。発見次第、医師、または看護師による処置を行い、必要であれば壊死した部位の切り落としも行われます。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

こんな記事も読まれています

no image

経鼻栄養

経鼻栄養とは、鼻からチューブを通し、胃へ流動食といった栄養を投与する方法のこと。同じ経管栄養の胃ろうと比べ、装着時に手術 …

no image

移動介護従業者

移動介護従業者とは通称ガイドヘルパーとも呼ばれ、訪問介護事業所や障害者福祉施設などで利用者、または障がい者が車両などへ乗 …

no image

介護予防運動指導員

介護予防運動指導員とは、介護が必要になる高齢者を減らすことが目的の介護予防を専門的に行う職員のこと。有料老人ホームやデイ …

no image

住所地特例

住所地特例とは、住民票を移した後も引き続き以前に住んできた地域の保険者となる特例措置のことです。一部の地域に介護施設が集 …

no image

介護放棄

介護放棄はネグレクトとも呼ばれ、虐待のひとつに含まれます。高齢者介護においては、本来必要な介護を行わないなど、介護者の役 …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング