入浴介助

    

自力でお風呂に入ったり、シャワーを浴びたりするのが困難な方の入浴を介助することを入浴介助と言います。足が不自由な高齢者や寝たきりの高齢者であれば、介護浴槽を用いて安全に行います。ですが、床ずれや湿疹といった皮膚の状態によって入浴ができない場合は、タオルなどで体を拭く清拭(せいしき)を行います。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

no image

医療型障害児入所施設

医療型障害児入所施設とは、障がいがある児童が、医師の管理下の元、日常生活や自活に必要な知識や技能を身につけるための施設で …

no image

アルコール幻覚症

アルコール幻覚症とは、長期にわたる大量の飲酒によって生じるアルコール精神障害のひとつで、幻聴や妄想を主症状とし、多くは断 …

no image

介助用車椅子

介助用車椅子とは、介護者が操作しやすいように設計された車椅子のことです。介助用標準型車椅子にはハンドリムがなく、後輪が自 …

no image

肺炎

肺炎とは肺実質の炎症が起こる疾患のことで、罹患場所(りかんばしょ)によって原因菌や細菌が違う、市中肺炎と院内肺炎がありま …

no image

サービス担当者会議

サービス担当者会議とは、サービス利用者に対して適切な援助を行うため各事業所の責任者があつまる会議のこと。サービス担当者会 …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング