起床介助・離床介助・就寝介助・臥床介助の違いについて

    

起床介助・離床介助・就寝介助・臥床介助の違いについて

介護用語には似たような言葉ですが、使う場面が異なったり、実は全く別の意味だったりする言葉がありますよね。なかでも、起床介助離床介助就寝介助臥床介助の違いに困惑したという方も多いのではないでしょうか?今回は、職場で困惑しないため、また恥をかかないために、この4つの言葉の違いについて分かりやすいようにご説明します。

起床介助とは?

起床介助とは、朝起きる準備をお手伝いすることです。決まった時間に目を覚ましてもらうための声かけから始まり、寝巻きから普段着への着替えの介助、体調の確認、洗顔、排泄介助など、朝の一連の動作のことを総称して起床介助と言います。

離床介助とは?

離床介助とは、その名の通りベッドから離れる際の介助のことを言います。ですので、起床介助の体を起こす動作を離床介助とも言いますし、寝たきりの高齢者をトイレやお風呂に誘導する際の起き上がりも離床介助です。起き上がる動作の総称が離床介助となります。

就寝介助とは?

就寝介助とは、夜に寝る準備をお手伝いすることです。歯磨き、排泄、普段着から寝巻きへの着替え、服薬など寝るための一連の動作を総称して就寝介助と言います。

臥床介助とは?

臥床介助とは、臥床(横になる)動作の手伝いのこと。つまり、就寝介助でベッドに高齢者を寝かせることも臥床介助にあたります。それ以外にも、寝たきりの高齢者がトイレやお風呂から戻ってきて、ベッドに寝かせる動作も臥床介助になります。

職場によって使い方は様々

起床介助には離床介助が含まれ、就寝介助には臥床介助が含まれるといった認識で問題ありません。さらに言うのであれば、朝の介助は起床介助、夜の介助は就寝介助、それ以外でベッドから起こす動作は離床介助、ベッドに寝かす動作は臥床介助になります。一般的には、眠りに関係する介助かそうでない介助かになると思いますが、施設によってこの4語の使い方は様々なので、確認も兼ねて一度ベテランスタッフに聞いてみるといいかもしれませんね。

おすすめ:介護のスキルアップに!転職におすすめの介護求人サイトは?

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

応募前の施設見学は職場を見極める最重要項目

介護の転職には職場見学が必要不可欠!求人選びに失敗しない為のチェック項目とは?

介護求人サイトで気になった施設や事業所は、必ず職場見学しておきましょう。実際に職場を見ておくことで、職場までの交通アクセ …

施設のケアマネと居宅のケアマネだとどっちの方がオススメですか?

施設のケアマネと居宅のケアマネの違いとは?働くならどっちがおすすめ?

ケアマネジャー(介護支援専門員)として働く場合、介護施設か居宅支援事業所かで選ぶことになります。どちらも同じケアマネジャ …

介護職員処遇改善加算が給料に反映されていない理由

介護職員処遇改善手当が給料に反映されない本当の理由

介護職員処遇改善加算(以下、処遇改善加算)とは、介護職員の賃金を補填し、人材不足や離職率の高さといった労働環境の改善のた …

認定介護福祉士に求められる条件とは?仕事内容や給料など

認定介護福祉士に求められる条件とは?仕事内容や給料など

第一次ベビーブームで生まれた団塊の世代が75歳以上に達することで、介護費や医療費といった社会保障費の急増が懸念されている …

転職において給料や昇給賞与の条件交渉はやる価値あり!

入社前の条件交渉で給料やボーナスをアップしてもらおう!

介護求人の多くは、内定通知が出て正式採用となる前に給料やボーナスなどの契約条件が提示されます。採用されたことに浮かれて、 …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング