介護の転職理由は何ですか?苦痛から逃げるだけでは必ず失敗する!

    

転職は理由をはっきりさせて状況の再確認することが重要
介護業界で転職を考えている方は転職理由を再確認して、メリットやデメリットを見極めたうえで行動するように心がけましょう。一時的な感情で転職しては後悔が付き物です。「どうして今の職場がダメなのか?」「本当に転職してよくなるのだろうか?」「新しい職場は大丈夫なのか?」などを再度確認してから慎重に決めましょう。

転職理由は「あるある」ですか?

どんな仕事にも嫌なことの一つや二つは必ずあります。もし、その嫌なことが人間関係であれば、どの職場に行っても同じ悩みに突き当たるかもしれません。もちろん、100%相手が悪いという事もあります。ですが、自分の意識を変えることで解決するかもしれません。

その他にも転職理由は人それぞれでしょう。ただ、自分の力ではどうにもできない問題でしょうか?苦しい現状から逃げているだけではありませんか?同業の友人に相談して「あるある」と言われた理由であれば、踏みとどまって問題と向き合うことも大切です。

ポジティブな理由であれば転職すべき

長く同じ職場で働いていると、今の職場では知識やスキルの向上が期待できないと感じることもあるでしょう。そういった場合の転職は、決して悪いことではありません。新天地へ挑戦することで自身のキャリアアップにも繋がるでしょう

ポジティブな転職理由で将来の目標を明確に持ち、必要な資格やスキルを取得するための転職は絶対にプラスに働くはずです。思い切って一歩を踏み出しましょう。

介護以外の業界へ転職する場合の注意点

介護以外の仕事に就きたい、また看護師を目指したいなど、具体的な目標を持って辞める人も少なくありません。ただ、介護職経験は考慮されない異業種の場合は、ゼロからのスタートになることを覚悟すべきです。

そもそも、目指す職種はどういった仕事なのか?介護よりも自分に合っている仕事なのか?いつまでも続けられる仕事なのか?など、一度冷静になって考えてみましょう。

まとめ

せっかく資格を取得しても、実際に働きだしてみれば介護の仕事が合わない方もいるでしょう。また、長年勤めていても身体を壊して辞めていく方もいれば、給与や職場の介護方針に不満を持ちながら辞める方も少なくありません。

人によって転職理由は様々ですが、介護業界で働いた経験はきっと役に立つ時がくるでしょう。転職を考えている方も、なんとか踏みとどまって耐えている方も、自分の目指す目標を再確認するといいかもしれませんね。

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

認定介護福祉士に求められる条件とは?仕事内容や給料など

認定介護福祉士に求められる条件とは?仕事内容や給料など

第一次ベビーブームで生まれた団塊の世代が75歳以上に達することで、介護費や医療費といった社会保障費の急増が懸念されている …

主任介護支援専門員とは?研修内容と役割について

主任介護支援専門員とは?研修内容と役割について

主任介護支援専門員は、介護支援専門員の有資格者が所定の研修を受けた際に与えられるケアマネジャーの上位資格です。 2006 …

近いうちにケアマネジャーが不要になる噂について

ケアマネジャーは不要?居宅介護支援事業所の相次ぐ処分と悪質なケアプランについて

近いうちに、ケアマネジャー(介護支援専門員)という職業がなくなってしまうという噂を聞いたことはありませんか?この噂、あな …

起床介助・離床介助・就寝介助・臥床介助の違いについて

起床介助・離床介助・就寝介助・臥床介助の違いについて

介護用語には似たような言葉ですが、使う場面が異なったり、実は全く別の意味だったりする言葉がありますよね。なかでも、起床介 …

介護業界で管理職が不足してる理由

介護業界で管理職が不足してる理由

介護業界では人材不足が大きな問題となっていますが、なにも人手が足りないと叫ばれているのは介護士だけではありません。昨今で …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング