理想的な円満退職のために必要な準備とは?

    

円満退職のために必要な準備とは?

どうせ辞めるからといって急にいなくなる行為、いわゆる「バックれ」は絶対にやめましょう。特に福祉業界は横のつながりも多く、転職先も円満退職を強く望むはずです。では、理想的な円満退職をするにはどうすればいいのか?今回はそんな疑問にお答えします。

退職の意思表示は最低でも1ヶ月前

転職先から正式に内定が出たら、まずは今の職場に退職の意思表示を行います。大抵の場合だと、就業規則で原則1ヶ月前までに退職願を提出としてる職場がほとんどでしょう。

ですが、今の職場は辞める人に代わる人材を確保しなければいけません。さらには業務の引き継ぎもあります。一般的な決まりでは1ヶ月前までとはありますが、できるだけ早く辞める事を言うようにしましょう。職場の責任者だけでなく、共に働いた同僚に余計な負担を掛けないことも、円満退職には必要最低限の配慮です。

挨拶まわりは菓子折を持って

職種にもよりますが、どのような仕事も色んな人が関わって成り立っています。決して自分1人で仕事をしていたわけではありません。辞めることを伝えながら、お世話になった人にお礼はすべきでしょう

ケンカ別れのようになるよりも、またどこかで偶然会ったときに笑って話せる関係性の方が、お互いにメリットですよね。もしかしたら、その人も転職して別の職場で一緒に働くことになるかもしれません。適当なお菓子を準備して、業務時間外に軽い挨拶を行いましょう

支えてくれた先輩や同僚に感謝する

少なからずともお世話になった先輩や同僚、そして利用者様に対しては感謝をしましょう。良い思いではなくとも、何かしら得たことはあるはずです。もしあなたが今の職場で何も得られなかったと感じるのであれば、それは自分の仕事に対する姿勢に問題があるのかもしれません。

1日、1ヶ月、1年と一緒に働いてきたことで、関わってきた人たちに感謝の念を抱くのは当然のことであり、今の職場で勉強させてもらったこと思い返してみましょう。

退職届を出した後の仕事

わざわざ利用者様一人ひとりに挨拶をする必要はありませんが、態度で示すことも大切です。認知症で名前も顔もすぐに忘れるから…ではなく、いつも以上に丁寧に接することで、きっと気持ちは伝わります

また、退職届を出した後は特に仕事に励むことも感謝の気持ちを伝える手段として有効です。後任者にもしっかり仕事を覚えてもらい、業務に支障ない万全の状態にしてから、その場を去ることが円満退職の極意です。

まとめ

「立つ鳥跡を濁さず」という言葉がありますが、新しい職場に気をとられて、退職する職場の仕事がおろそかになってはいけません。最後まで、事故がないように注意を心がけて仕事をこなしましょう。それが今の自分ができる精一杯の気遣いです。退職したらそこで終わりではありません。それが次の仕事に、そして自分自身の成長へとつながっていくはずです。

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

介護転職の時に採用面接で優遇される資格とは?

介護転職の時に採用面接で優遇される資格とは?

介護職に限ったことではありませんが、求人を募集している企業としては、やはり有資格者を優遇して採用したいと考えます。 そも …

転職において給料や昇給賞与の条件交渉はやる価値あり!

入社前の条件交渉で給料やボーナスをアップしてもらおう!

介護求人の多くは、内定通知が出て正式採用となる前に給料やボーナスなどの契約条件が提示されます。採用されたことに浮かれて、 …

買い物と調理がサービス外に?訪問介護の生活援助見直しについて

買い物と調理がサービス外に?訪問介護の生活援助見直しについて

ご存知の方も多いとは思いますが、訪問介護における生活援助の範囲が大幅に変更となる方針です。対象の利用者は要介護1~2の高 …

介護職に残業代が支給されない本当の理由

介護職に残業代が支給されない本当の理由

介護職は他の業界と比べてもサービス残業が常態化しているといわれています。なぜ介護職はサービス残業が当たり前になっているの …

障害者支援施設の事件から考える福祉業界の問題点

障害者支援施設の事件で明らかになった福祉業界の労働環境と待遇の実態

2016年7月26日未明。神奈川県相模原市緑区の障害者支援施設「津久井やまゆり園」で、入居者19人が死亡、26人が負傷す …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング