離床センサー

 

離床センサーとは、患者や入居者がベッドから起き上がった際に、職員に自動で知らせる設備のことです。離床センサーは、床に敷くマットセンサータイプ、ベッドのマットレスに敷くセンサーパッドタイプ、ベッドの柵に巻くセンサーパッドタイプ、動きを光で感知する赤外線タイプ、そしてナースコールのように自ら押すクリックタイプの5種類あります。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

no image

悪性新生物

悪性新生物とは一般的に悪性腫瘍やガンと同じ意味で用いられる用語。悪性腫瘍のほとんどは無治療のままだと全身に転移して生命に …

no image

申し送り

申し送りとは、業務内容や入居者の容態など、前任者から後任者へ伝達し引き継ぐこと。24時間体制で見守る必要がある介護や医療 …

no image

離床介助

離床介助とは、自分の力でベッドから起き上がれない人の手助けをすること。起床介助と同じような意味ですが、起床介助は就寝状態 …

no image

福祉系高等学校

介護福祉士や社会福祉士の養成を目的とした高等学校を福祉系高等学校と呼びます。実習用モデル人形や介護用ベッド、移動用リフト …

no image

臥位(がい)

臥位(がい)とは、体を寝かし、横になった姿勢のことを言います。仰向けに寝る体制の仰臥位(背臥位)、うつ伏せに寝る体制の腹 …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング