離床センサー

離床センサーとは、患者や入居者がベッドから起き上がった際に、職員に自動で知らせる設備のことです。離床センサーは、床に敷くマットセンサータイプ、ベッドのマットレスに敷くセンサーパッドタイプ、ベッドの柵に巻くセンサーパッドタイプ、動きを光で感知する赤外線タイプ、そしてナースコールのように自ら押すクリックタイプの5種類あります。

タイトルとURLをコピーしました