4点柵

4点柵とは、高齢者がベッドから落下しないように4方に柵を設置した状態のこと。転落防止目的で多くの介護施設で行われていましたが、自らベッドから降りられないという観点から身体拘束に該当するとして平成12年から全面禁止となっています。一方で現場の介護士からは「介護事故のリスクが高くなった」「手が回らない」といった声が非常に多かったそうです。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

こんな記事も読まれています

no image

経管栄養

経管栄養とは、カテーテルを使い、体外から消化器官に流動食を投与する処置。主に嚥下障害の高齢者や消化器官の障害などで口から …

no image

嚥下食

嚥下食とは、嚥下障害がある方のために調理された食事のことです。とろみとつけたり、柔らかく煮たり、細かく刻んだと、誤嚥しな …

no image

汚物流し

ベッド上で使用する差し込み便器や、ポータブルトイレの排泄物を捨てるための専用の流しを汚物流しと言います。便器と比べて流し …

no image

カウンセリング

医療や介護におけるカウンセリングとは、心に問題を抱える人(クライアント)に対して、カウンセラーが心理学的知識や技術をもっ …

no image

コアグラ

コアグラとは尿や胃液に血液が混ざっている状態のこと。凝固という意味のcoagulation(コアグレイション)の略で凝固 …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング