予防衣

    

予防衣とは、感染症予防のために着用するエプロンのような衣服のこと。排泄物や嘔吐物といった感染症の発生源となる汚物を処理する際に、必ず介護職員は予防衣を身に付けなければなりません。また、汚物処理時に着用した予防衣の衛生管理も厳重に行います。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

no image

周辺症状

周辺症状とは、認知症によって引き起こされる妄想、幻想、徘徊、不潔行為などの周辺的な症状のこと。行動と心理症状という意味の …

no image

OJT(オージェーティー)

OJT(オージェーティー)とは、On the Job Training の略で、実際の仕事を通じて必要な知識や技術、態度 …

no image

屋外歩行レベル

屋外歩行レベルとは、自分の力で屋外を歩くことができる状態のことです。杖や歩行器などを使って歩行できる状態も屋外歩高レベル …

no image

ターミナルケア

ターミナルケアとは、症状の改善や治療の見込みがない人に対して、延命処置を行わず、極力痛みがない状態で本人の人生を尊重し、 …

no image

介護療養型医療施設

介護療養型医療施設とは、急性期の治療が終わり、病状が安定期にある要介護者に対して、医学的管理のもとで必要な医療や介護、機 …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング