面接で採用担当者の心をつかむ3つのポイント

    

面接で採用担当者の心をつかむ3つのポイント
これから就職や転職を控えている方にとっては、面接で採用担当者の心をつかめるか?が合否のポイントになります。そこで今回は、自分が働きたい職場からの内定を勝ち取るため、面接時にできる担当者の心をつかむ3つのポイントをご紹介します。

ハッキリと明るい対応

介護士は人と人の仕事です。そのため、面接時に暗いイメージを持たれると内定には結び付きにくい部分があります。採用担当が求める理想のタイプは、お年寄りが接しやすい介護士ですので、できるだけ明るく対応はハキハキすることが大切です

返事はハッキリと答えること、表情は明るく、話すスピードはゆっくりで相手にしっかり伝えることを意識して話すことが大切です。面接時はもちろんですが、面接前の電話対応や事務の方への挨拶なども、しっかりと意識して行うようにしましょう。

何が得意なのかを明確にアピールする

面接時には自己アピールも大切になります。自己アピールをしすぎてしまうのは良くないことですが、聞かれればすぐに答えられるよう、ある程度伝いえたい事は用意をしておきましょう。

例えば「レクリエーションが得意で以前の職場では進行役も任されていおり、高齢者とのコミュニケーションが得意です」など、自己アピールは実務を交えた経験談を用意しておきましょう

具体的な内容を伝えていくと採用担当者もイメージしやすいので、実体験を元に何が得意なのか積極的にアピールしておきましょう。

仕事に対する熱意はあるのか

介護職といったマイナスイメージが強い職業では、仕事に対する熱意が肝心。面接で採用担当者が一番見るポイントがこれです。

介護職に対してどれだけのやる気があるのか、または熱意があるのかは非常に重要な部分です。この部分がしっかり伝わっていないと、採用を踏みとどまる可能性がありますので十分注意しましょう。

仕事に対するやる気をアピールするためには、どんな仕事でも真摯に向き合う覚悟があることを伝えれれば効果的です。例えば、面接時に自分の苦手部分について聞かれたときでも「苦手ですが精一杯がんばります」とポジティブな発言を心がけます。

採用担当も介護職の辛さは十分に理解しています。変に誤魔化すよりも、苦手なことは正直に伝えた上で、それをどう改善していくかで話しを締めれば好印象に繋がるはずでしょう。

まとめ

介護現場は慢性的な人手不足のため、よっぽどの態度でな限り採用はします。もちろん、資格や介護経験なども選考基準になりますが、それ以上に介護職は人間性が問われる仕事。同僚や上司との付き合い方や高齢者との接し方は、履歴書からでは伝わりませんからね。

真剣な理由で介護職を選んだ方であれば、自分がどういった人間で、どういった信念を持っているかを、正直に採用担当に伝えてみましょう。そうすれば、ばきっと内定がもらえるはずです。

この記事に共感できたら

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング

こんな記事も読まれています