ウイルス性肝炎

 

ウイルス性肝炎とは、肝炎ウイルスによって引き起こる肝臓の炎症性疾患のことで、主にA型、B型、C型、D型、E型といった症状があり、日本ではB型肝炎ウイルスとC型肝炎ウイルスが大半を占めています。原因の多くはウイルス感染の他に、アルコール、自己免疫などが挙げられます。

介護用語辞典

調べたい介護用語を検索してみましょう!

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング

こんな記事も読まれています

no image
アテローム血栓性脳梗塞

アテローム血栓性脳梗塞とは、脳または頸部の比較的太い動脈に動脈硬化(アテローム硬化)が起こり、血管の狭窄(きょうさく)や …

no image
育児・介護休業法

育児・介護休業法とは、育児や介護に伴い休暇や休業が取りやすいように、また仕事と生活を両立できるように支援する法律のこと。 …

no image
特別養護老人ホーム

老人福祉法で定められた介護老人福祉施設で入居者数が30人以上の施設のことを特別養護老人ホームと言います。65歳以上で要介 …

no image
起床介助

起床介助とは、自分の力でベッドから起き上がれない人の手助けをすること。動作的には離床介助と全く同じですが、離床介助はトイ …

no image
嚥下食

嚥下食とは、嚥下障害がある方のために調理された食事のことです。とろみとつけたり、柔らかく煮たり、細かく刻んだと、誤嚥しな …