デイケア(通所リハビリテーション)

    

デイケア

デイケア(通所リハビリテーション)は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士といったリハビリテーション専門士による本格的なリハビリ(機能訓練)が、日帰り受けられる居宅支援サービスで、主に病院、診療所、クリニック、介護老人保健施設などの医療機関で行われます。デイケアでは医師が常駐しているため、健康管理や医療ケアが必要な場合でも安心して利用できるのが特長です。

デイサービスとデイケアの違い

よく比較されるデイケアとデイサービスですが、デイサービスは利用者の外出機会であったり、介護者の負担軽減のために利用するケースが多いのですが、デイケアは利用者の心身機能の回復、向上、維持が目的です。

食事介助や入浴介助といった介護サービスも受けられますが、デイサービスにくらべレクリエーションや趣味の時間が少なく、利用料金も高いという点が大きな違いです。

デイケアの配置職員

デイケアの利用者情報

デイケアの対象利用者は要介護1~5の高齢者となっており、パーキンソン病やリウマチなどの身体機能に障害のある高齢者、認知症の高齢者、嚥下障害や口腔機能が低下している高齢者などです。

規模にもよりますが、デイケアでは機能訓練がメインになるため、看護師が介護スタッフを兼任している場合もあります。そのためデイサービスに比べるとデイケアの求人数は少なくなっています。

ですが、レクリエーションや利用者とのコミュニケーションも必要となる介護サービスなので、今後はデイケアでも介護士の需要が増えることが予測されます。

デイケアの転職におすすめな介護求人サイト

この記事に共感できたら

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング

こんな記事も読まれています

病院(クリニック)
病院(クリニック)

介護スタッフが必要とされているのは、なにも介護施設や介護事業所だけではありません。病院でも介護士の募集はされています。准看護師や看護助手が介護業務を兼任している病院も多いですが、大きな病院では介護専門のスタッフを雇っている所もあります。

特別養護老人ホーム
特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは特養や介護老人福祉施設とも呼ばれ、社会福祉法人や地方自治体によって運営されている公的な介護施設です。有料老人ホームに比べ入居費用が格段に安いということで、現在50万人以上の入居待機高齢者がいると言われてます。ちなみに特養に入居できる順番は、要介護度が高くご家族の事情を踏まえて緊急性が高いと判断された高齢者が優先となっています。

ショートステイ
ショートステイ(短期入所生活介護)

ショートステイとは短期入所生活介護のことで、普段は在宅介護を行っている利用者が短期的に入所できる介護施設のことです。ショートステイは主に特別養護老人ホームや有料老人ホームで運営されており、食事、入浴、排泄といった生活介助から、レクリエーション、機能訓練などが行われます。

介護老人保健施設
介護老人保健施設

介護老人保健施設とは、介護を必要としている高齢者の治療や機能訓練を行いながら、自立や自宅生活復帰を最終的な目標にした入居施設のことで、「老健(ろうけん)」とも略されています。介護士による日常的な身体介護や生活支援が受けられますが、レクリエーションやクラブ活動といったことはほとんど行われません。

ケアハウス
ケアハウス(軽費老人ホーム)

ケアハウスとは、社会福祉法人、地方自治体、民間事業者などによって運営されている介護施設で、自立はできるが諸事情により家庭での暮らしが困難な高齢者が入居する介護施設のことです。ケアハウスは自治体の助成金を受けており、比較的安い費用で入居できることから軽費老人ホームとも呼ばれています。