ケアハウス(軽費老人ホーム)で働く職員の仕事内容とやりがい

    

ケアハウス

ケアハウスとは、社会福祉法人、地方自治体、民間事業者などによって運営されている介護施設で、自立はできるが諸事情により家庭での暮らしが困難な高齢者が入居する介護施設のことです。基本的には要支援の高齢者が対象で、食事介助、入浴介助、排泄介助といった介護サービスは一切行われていません。

ケアハウスの部屋は全室が個室となっており、1日3食の食事が提供されます。ケアハウスで暮らす高齢者は、毎日提供される食事や洗濯といった生活援助以外はすべて自分で行っています。分かりやすく例えると、ケアハウスは若者が住むシェアハウスに近い形式で運営されています。

ケアハウス=軽費老人ホーム

ケアハウスは自治体の助成金を受けており、比較的安い費用で入居できることから軽費老人ホームとも呼ばれています。なお、一般的なケアハウスは軽費老人ホームのC型にあたります。

ちなみに、軽費老人ホームA型は要支援の高齢者を対象にした食事を含む見守り介護サービスを提供する施設のことで、軽費老人ホームB型は要支援の高齢者を対象にした見守り介護サービスのみを提供する施設のことです。

サービス形態は住宅型有料老人ホームと似ていますが、有料老人ホームよりも安く入居できる介護施設という位置付けが軽費老人ホームとなっています。

軽費老人ホーム=入居費用が安い住宅型有料老人ホーム

ケアハウスの配置職員

ケアハウスの入居者情報

ケアハウスの入居基準は60歳以上で、家庭や家族の事情で自宅での生活できない高齢者となっています。また、一定の所得審査があり、本人にある程度の所得がなければ入居できません。

基本的には要支援までの高齢者が対象で、要介護の高齢者は入居を断られる場合あります。なお、入居後に日常的な介護が必要になった場合はホームヘルパーといった外部の居宅介護サービスを利用する流れとなります。さらには、入居後に重度の認知症となり、他の入居者の迷惑となった場合は退去させられるケースもあります。

このように、一般的なケアハウスは見守り介護か基本となっており、入居者への身体介護は行われていません。ですが、最近では特定施設の介護付きケアハウスという形態の施設もでき、要介護の高齢者でも入居者で軽費老人ホームも増えてきているそうです。

ケアハウスの転職におすすめな介護求人サイト

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

訪問入浴で働く職員の仕事内容や業務について

訪問入浴で働く職員の仕事内容とやりがい

訪問入浴はヘルパー・オペレーター・看護師の3人1組のチームで利用者様のお宅に訪問し、浴槽を設置し入浴介助を行う在宅介護サービスです。

有料老人ホーム

有料老人ホームで働く職員の仕事内容とやりがい

有料老人ホームには一般的な介護付有料老人ホームの他に、住宅型有料老人ホームと健康型有料老人ホームがあります。ちなみに高級老人ホームと呼ばれる施設は、住宅型有料老人ホームや健康型有料老人ホームといった場合が多くなっています。

訪問介護事業所(ホームヘルプサービス)

訪問介護事業所(ホームヘルプサービス)

訪問介護とはホームヘルパーが介護を必要とする高齢者の自宅を訪問して、身体介護や生活援助を行う居宅介護サービスのことです。提供される介護サービスは多岐にわたり、主にケアマネジャーが作成したケアプラン(介護計画)にそって行われます。

居宅介護支援事業所

居宅介護支援事業所

居宅介護支援事業所とは、これから介護サービスを利用しようと考えている利用者やそのご家族をサポートする所で、都道府県の指定を受けた専門の事業所のことです。介護保険の利用に関する支援や要介護認定の申請代行、ケアマネジャーによるケアプランの作成や見直しなど、利用者が適切な介護サービスを受けらるように支援してくれます。

ショートステイ

ショートステイ(短期入所生活介護)

ショートステイとは短期入所生活介護のことで、普段は在宅介護を行っている利用者が短期的に入所できる介護施設のことです。ショートステイは主に特別養護老人ホームや有料老人ホームで運営されており、食事、入浴、排泄といった生活介助から、レクリエーション、機能訓練などが行われます。

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング