有料老人ホームで働く職員の仕事内容とやりがい

    

有料老人ホーム

有料老人ホームには一般的な介護付有料老人ホームの他に、住宅型有料老人ホームと健康型有料老人ホームがあります。ちなみに高級老人ホームと呼ばれる施設は、住宅型有料老人ホームや健康型有料老人ホームといった場合が多くなっています。

また、有料老人ホームには施設内のスタッフが介護サービスを提供する介護専用型、要介護者と健常者を受け入れている混合型、すべての介護サービスを外部事業者に依頼する外部サービス利用型といった種類もあります。

よく比較されてる特別養護老人ホームとの違いは、初期費用や月額費用といった料金面以外にも、レクリエーションや施設設備が充実していたり、医療ケアに対応していたりします。

有料老人ホームはピンからキリまで

有料老人ホームには、新築の建物で最新の介護設備を導入し入居者を募る施設もあれば、その逆で建物や設備が古く介護保険法で定められているギリギリのラインで運営しているような有料老人ホームも存在します。

同じ介護施設でこれほどまで差がある最大の理由は、有料老人ホームが民間企業によって運営されていることにあります。企業は様々な戦略で利益を出そうとするため、新しい建物で整った設備と充実したサービスを売りに多くの入居者を募るタイプの有料老人ホームや、極限までコストを抑え入居費用の安さを売りに入居者を募るタイプの有料老人ホームまで様々となっているのです。

ですので、有料老人ホームの求人を探す際は、給料や待遇だけでなく、その施設がどういったタイプの有料老人ホームなのかをしっかり把握してから応募するといいかもしれません。

有料老人ホームの配置職員

有料老人ホームの入居者情報

有料老人ホームに入居する高齢者は施設タイプによって様々。介護付有料老人ホームであれば、重度の認知症の高齢者や寝たきりの高齢者も多くなります。要介護者と健常者の両方を受け入れている施設であれば、それだけ介護が大変になることは予想できますよね。

逆に、住宅型有料老人ホームや健康型有料老人ホームであれば、介護が全く必要ない自立した高齢者が入居者しています。そのため、接し方に気をつけなければ即クレームにもなりかねます。

このように施設よって入居者のタイプも違うため、そこで働く介護スタッフの業務内容や注意すべき点も変わってきます。

有料老人ホームの転職におすすめな介護求人サイト

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

介護老人保健施設

介護老人保健施設で働く職員の仕事内容とやりがい

介護老人保健施設とは、介護を必要としている高齢者の治療や機能訓練を行いながら、自立や自宅生活復帰を最終的な目標にした入居施設のことで、「老健(ろうけん)」とも略されています。

居宅介護支援事業所

居宅介護支援事業所

居宅介護支援事業所とは、これから介護サービスを利用しようと考えている利用者やそのご家族をサポートする所で、都道府県の指定を受けた専門の事業所のことです。介護保険の利用に関する支援や要介護認定の申請代行、ケアマネジャーによるケアプランの作成や見直しなど、利用者が適切な介護サービスを受けらるように支援してくれます。

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅とは、単身の高齢者や高齢夫婦が安心して暮らすことができる賃貸住宅のことで、サ高住やサ付きとも略されます。また老人ホームのように利用権方式ではなく、アパートやマンション同様の賃貸借方式の施設が多くなっています。

ショートステイ

ショートステイ(短期入所生活介護)

ショートステイとは短期入所生活介護のことで、普段は在宅介護を行っている利用者が短期的に入所できる介護施設のことです。ショートステイは主に特別養護老人ホームや有料老人ホームで運営されており、食事、入浴、排泄といった生活介助から、レクリエーション、機能訓練などが行われます。

ケアハウス

ケアハウス(軽費老人ホーム)で働く職員の仕事内容とやりがい

ケアハウスとは、社会福祉法人、地方自治体、民間事業者などによって運営されている介護施設で、自立はできるが諸事情により家庭での暮らしが困難な高齢者が入居する介護施設のことです。

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング