アルツハイマー型認知症

    

アルツハイマー型認知症とは脳の異常によって発症する病気で認知症の一種。記憶障害、判断能力の低下、見当識障害、周辺障害などの日常生活に支障をきたす様々な症状が現れる病気です。初期には記憶力の低下がみられゆっくり症状が進行します。その後、徘徊や不潔行為などがみられるようになります。最終的には日常生活がままならなくなり、寝たきり介護になるケースもあります。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

no image

介護事務

介護事務とは、介護施設や介護事業所で事務業務を行う職員のこと。電話対応や書類作成に加えレセプト(介護給付費請求明細書)の …

no image

介護タクシー

介護タクシーとは、高齢者や障がい者が介護施設や病院へ通う祭に利用できるタクシーのことです。車両は福祉車両が使用され、ドラ …

no image

起き上がり介助

起き上がり介助とは、横になっている人を起き上がらせる際に行う介助のことを言います。仰向け位に寝ている状態(仰臥位)から一 …

no image

記憶障害

記憶障害とは、経験したとを覚えること(記銘)、覚えたことを忘れないようにすること(保持)、覚えたことを必要に応じて思い出 …

no image

嚥下障害(えんげしょうがい)

嚥下障害(えんげしょうがい)とは、食べ物や飲み物などを飲み込む動作(嚥下)が、疾患や障害によって正常に行われない状態のこ …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング