アルツハイマー型認知症

    

アルツハイマー型認知症とは脳の異常によって発症する病気で認知症の一種。記憶障害、判断能力の低下、見当識障害、周辺障害などの日常生活に支障をきたす様々な症状が現れる病気です。初期には記憶力の低下がみられゆっくり症状が進行します。その後、徘徊や不潔行為などがみられるようになります。最終的には日常生活がままならなくなり、寝たきり介護になるケースもあります。

こちらの記事もおすすめ

この記事に共感できたら

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング