アルツハイマー型認知症

    

アルツハイマー型認知症とは脳の異常によって発症する病気で認知症の一種。記憶障害、判断能力の低下、見当識障害、周辺障害などの日常生活に支障をきたす様々な症状が現れる病気です。初期には記憶力の低下がみられゆっくり症状が進行します。その後、徘徊や不潔行為などがみられるようになります。最終的には日常生活がままならなくなり、寝たきり介護になるケースもあります。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

no image

訪問介護事業所

訪問介護事業所とは、訪問介護(ホームヘルプサービス)の契約や相談といった事務処理のみを行う場所のこと。訪問介護事業所には …

no image

介護老人保健施設

介護老人保健施設とは、介護や生活支援が必要な高齢者の自立や自宅復帰を目的とした介護施設。常勤医師の治療、理学療法士や作業 …

no image

ペースト食

ペースト食とは咀嚼や嚥下などに障害(嚥下障害)がある人の食事のこと、普通食として調理した食事に水分を加え、ミキサーなどで …

no image

椅座位(いざい)

椅座位(いざい)とは座位の一種で、椅子に腰掛けた状態の姿勢のことを言います。足の裏が床にちゃんとついていること、上半身の …

no image

SAT(サット)

SATとは、赤血球中のヘモグロビンのうち、酸素と結合しているヘモグロビンの割合(動脈血酸素飽和度)のこと。飽和という意味 …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング