アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症とは脳の異常によって発症する病気で認知症の一種。記憶障害、判断能力の低下、見当識障害、周辺障害などの日常生活に支障をきたす様々な症状が現れる病気です。初期には記憶力の低下がみられゆっくり症状が進行します。その後、徘徊や不潔行為などがみられるようになります。最終的には日常生活がままならなくなり、寝たきり介護になるケースもあります。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

こんな記事も読まれています

no image

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)とは、大腸粘膜が炎症を起こしただれて、びらんや潰瘍が出来る炎症性疾患のことで、 …

no image

口腔ケア

口腔ケアとは、口の中(口腔)を衛生的にし機能を正常に保つためのケアのこと。主に歯磨きや義歯(入れ歯)の手入れなどです。唾 …

no image

常食

常食とは、健康な人が日常生活で食べる食事のこと。病院などでは健康回復期の人の食事のことで、消化しやすいもの、繊維質が少な …

no image

嚥下食

嚥下食とは、嚥下障害がある方のために調理された食事のことです。とろみとつけたり、柔らかく煮たり、細かく刻んだと、誤嚥しな …

no image

リネン交換

リネン(linen)とは「麻」のことで、病院や介護施設などにおける寝具全般のことを言います。ですので、リネン交換とはシー …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング