エコマップ

 

エコマップとは、利用者と利用者家族、その他関係者、医療や福祉機関といった関係性を、地図(マップ)のように図にして描き出す手法のことです。生態地図とも言われ、スミスカレッジ・ソーシャルワーク大学院教授のアン・ハートマンが1975年に考案した方法です。

こちらの記事もおすすめ

この記事に共感できたら

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

こんな記事も読まれています

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング