サテライト型小規模多機能型居宅介護

 

サテライト型小規模多機能型居宅介護とは、本体となる事業所から車で概ね20分以内の近距離に設置されることを条件に、人材の効率的な配置と有効活用の実現を目的にされた制度。つまりサテライト型事業所とは、小規模多機能型の出張所のような役割を持つ事業所のこと。

サテライト型事業所では本体同様に通い、宿泊、訪問の機能が兼ね備えられていなければいけない。また、登録できる利用者の定員は18名まで、通いの定員は12名まで宿泊の定員は6名までとなっています。なお、サテライト型事業所は本体に対して最大2ヶ所まで設置することが可能です。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

no image

横だしサービス

横だしサービスとは、介護保険適用外のサービスを市区町村といった自治体が独自の判断で提供することです。オムツの支給などがよ …

no image

滴下

滴下とは、液体がしずくとなって落ちる様子ことで、医療や介護の現場では点滴や胃ろうの際に用いられます。滴下速度や滴下量はク …

no image

動脈血酸素飽和度

動脈血酸素飽和度とは、血液中のヘモグロビンと酸素が結合している割合のこと。計測の際はSAT(サット)やSpO2(エスピー …

no image

介護実習

介護実習とは、有料老人ホームなどの介護福祉施設にて、実際に介護などを行い実務に必要な知識や経験をえる体験のこと。

no image

多発性硬化症

多発性硬化症とは、脳や脊髄の神経細胞をつなぐ軸索(じくさく)を保護している髄鞘(ずいしょう)が損傷し、神経細胞の情報伝達 …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング