サテライト型小規模多機能型居宅介護

 

サテライト型小規模多機能型居宅介護とは、本体となる事業所から車で概ね20分以内の近距離に設置されることを条件に、人材の効率的な配置と有効活用の実現を目的にされた制度。つまりサテライト型事業所とは、小規模多機能型の出張所のような役割を持つ事業所のこと。

サテライト型事業所では本体同様に通い、宿泊、訪問の機能が兼ね備えられていなければいけない。また、登録できる利用者の定員は18名まで、通いの定員は12名まで宿泊の定員は6名までとなっています。なお、サテライト型事業所は本体に対して最大2ヶ所まで設置することが可能です。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

no image

音楽療法士

音楽療法士とは、介護施設やデイサービスなどで、利用者や入居者の機能訓練の一環として用いられる音楽療法を専門に行うリハビリ …

no image

一部介助

一部介助とは、利用者の自力動作に沿って必要な部分のみ支援をする介助方法のことで、利用者の心身の状況を十分にアセスメント( …

no image

嚥下食

嚥下食とは、嚥下障害がある方のために調理された食事のことです。とろみとつけたり、柔らかく煮たり、細かく刻んだと、誤嚥しな …

no image

お薬手帳

お薬手帳とは、処方薬の名前、量、回数などを記録するための手帳のことです。アレルギーや薬の飲み合わせによる危険を避け、効果 …

no image

ハイムリック法

ハイムリック法とは、誤嚥や窒息時の応急処置のひとつで、上腹部圧迫法のこと。立位または座位の状態で後ろから手を回して上腹部 …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング