住所地特例

    

住所地特例とは、住民票を移した後も引き続き以前に住んできた地域の保険者となる特例措置のことです。一部の地域に介護施設が集中し、その地域の介護保険費用が膨れ上がる事を防ぐために設けられた制度です。対象になる施設は、介護保険3施設(特別養護老人ホーム介護老人保健施設・介護療養型医療施設)、特定施設(有料老人ホームケアハウス・高齢者専用賃貸住宅など)、地域密着型サービス及び介護予防サービス(定期巡回、随時対応型訪問介護看護、夜間対応型訪問介護、認知症対応型通所介護、小規模多機能型居宅介護、複合型サービスなど)、その他養護老人ホームとなっています。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

no image

腰痛予防

腰痛予防とは起床介助、移乗介助、体位変換など腰に負担がかかる動作を、最小の力で安全に行い、介護者が腰痛になりにくくする方 …

no image

解離性障害

解離性障害(かいりせいしょうがい)とは精神疾患のひとつで、意識の統合が失われたり、知覚や記憶の喪失、連続性の欠如などが起 …

no image

介護福祉士会

介護福祉士会とは、介護福祉士によって設立された団体のことで、介護福祉士資格を持つ者だけでなく、介護業界に携わる者全体の介 …

no image

生活相談員

生活相談員とは、介護サービスにおいて入居者や利用者本人、またその家族の相談を受ける職員のこと。入居相談から契約の対応、苦 …

no image

エアーマット

エアーマットとは、空気圧によって膨らんだり縮んだりするマットレスのことです。ウォーターマットと同様に褥瘡(床ずれ)の予防 …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング