嚥下反射

 

嚥下反射とは、摂食、嚥下運動の中でもっとも重要な反射で、食塊が咽頭から食道へ運ばれる過程で咽頭後壁粘膜の刺激によって起こる不随意運動です。嚥下反射が正常に行われないと嚥下障害と診断されます。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

no image

特変

特変とは、「特別に変わったことなく」という意味の介護業界で用いられる略語です。業務記録用紙の特記事項などでは「特変なく過 …

no image

起き上がり介助

起き上がり介助とは、横になっている人を起き上がらせる際に行う介助のことを言います。仰向け位に寝ている状態(仰臥位)から一 …

no image

おむつ

尿や大便を処理するために着用する下着を総称しておむつと言います。紙製の使い捨てタイプから布製のタイプまであり、用途に応じ …

no image

通所介護

通所介護とは居宅サービスの一種で、在宅で介護を必要としている高齢者が、介護施設や事業所に通い、入浴や食事、治療や訓練とい …

no image

常食

常食とは、健康な人が日常生活で食べる食事のこと。病院などでは健康回復期の人の食事のことで、消化しやすいもの、繊維質が少な …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング