嚥下性無呼吸

 

嚥下性無呼吸とは、食塊が咽頭を通過する際に、気管には入らないように喉頭蓋(こうとうがい)が持ち上がり、声門も閉鎖されることで呼吸が一時的に制御されることです。病的な状態ではなく一種の危機回避機能です。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

no image

栄養管理指導

栄養管理指導とは、利用者の栄養状態や病状、健康状態にあわせて栄養士・管理栄養士が食事の内容を管理・指導することです。介護 …

no image

管理栄養士

管理栄養士とは、健常者だけでなく、障がい者、病状者の症状や体質改善を食という観点から栄養管理指導や給食管理などを行う専門 …

no image

解離性大動脈瘤

解離性大動脈瘤(かいりせいだいどうみゃくりゅう)とは、何かしらの原因で大動脈の内膜が破れ、中膜との間に血液が流入して瘤( …

no image

アルコール依存症

アルコール依存症は薬物依存症のひとつで、アルコールの摂取によって得られる薬理効果にとらわれ、飲酒量を自ら制限できず、強迫 …

no image

発赤(ほっせき)

発赤(ほっせき・はっせき)とは、皮膚や粘膜の一部が炎症によって赤くなり充血することを言います。介護では褥瘡(床ずれ)の初 …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング