外部サービス利用型特定施設入居者生活介護

 

外部サービス利用型特定施設入居者生活介護とは、特定施設入居者生活介護における形態のひとつで、介護サービス計画や策定などは施設職員が行い、介護や日常生活上のケア、機能訓練などは施設が委託した外部事業者が行う仕組みのことです。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

no image

咳嗽反射(がいそうはんしゃ)

咳嗽反射(がいそうはんしゃ)とは、ウィルスや食べ物などの異物が気管や肺に入った場合に、咳をして体外に出そうとする防衛反射 …

no image

介護職員基礎研修

介護職員基礎研修とは、介護サービスの質の向上を目的とした資格です。ホームヘルパー1級の上位資格にあたり、取得後は訪問介護 …

no image

オストメイト

オストメイトとは、ストマを造設した人のことで、人工肛門保有者や人工膀胱保有者とも呼ばれます。ちなみに、結腸ストーマ保有者 …

no image

夜間巡回

夜間巡回とは、夜間に職員が施設内を巡回して異常がないか確認すること。介護老人ホームでは入居者が夜中に起き、廊下を徘徊して …

no image

介護技術講習

介護技術講習とは、介護福祉士養成施設等が実施する技術講習です。介護福祉士の実技試験に関する内容に沿って行われ、講習の修了 …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング