咳嗽反射(がいそうはんしゃ)

 

咳嗽反射(がいそうはんしゃ)とは、ウィルスや食べ物などの異物が気管や肺に入った場合に、咳をして体外に出そうとする防衛反射のことです。嚥下機能が衰えている高齢者は咳嗽反射の低下もみられ、誤嚥性肺炎のリスクも高くなっています。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

no image

介護支援専門員

介護支援専門員とは、ケアマネジャーの正式名所です。介護保険制度に置いて、要支援や要介護と認定された人が自立した生活が送れ …

no image

訪問介護員

訪問介護員とは、高齢者や障害者の自宅を訪問して、身体介護や家事援助などを行い、生活上の相談にも応じる介護スタッフのこと。 …

no image

排泄介助

排泄介助とは、自力でトイレができない方の排泄を手伝うこと。トイレへの付き添いから衣類の上げ下ろし、車椅子から便座への移乗 …

no image

生活相談員

生活相談員とは、介護サービスにおいて入居者や利用者本人、またその家族の相談を受ける職員のこと。入居相談から契約の対応、苦 …

no image

応能負担

応能負担とは、患者や利用者の能力や様態に応じて、医療費や介護費用を負担すること。また所得によって負担額の割合を定めるとこ …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング