疥癬(かいせん)

 

疥癬(かいせん)とは、ヒゼンダニが皮膚の角層内に寄生することで起こる感染症のことで、人から人へ接触感染します。疥癬トンネルと呼ばれる細長い発疹が見られるのが特徴。ヒゼンダニの数が多く感染力の強い角化型疥癬はノルウェー疥癬とも言います。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

no image

嚥下障害(えんげしょうがい)

嚥下障害(えんげしょうがい)とは、食べ物や飲み物などを飲み込む動作(嚥下)が、疾患や障害によって正常に行われない状態のこ …

no image

ウェルナー症候群

ウェルナー症候群とは早老症の代表的な疾患で、ウェルナーヘリカーゼという遺伝子の異常が原因で発症します。思春期以降に様々な …

no image

経管栄養

経管栄養とは、カテーテルを使い、体外から消化器官に流動食を投与する処置。主に嚥下障害の高齢者や消化器官の障害などで口から …

no image

ディスポ手袋

ディスポ手袋とは、使い捨て手袋のことで、リネン交換やオムツ交換など、排泄物を処理する際に用い入られます。なお、介護現場で …

no image

医学的リハビリテーション

医学的リハビリテーションとは、医師や看護師、理学療法士、作業療法士などの医療専門職によって行われるリハビリのことです。病 …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング