徘徊

    

徘徊とは認知症の高齢者にみられる行動で、BPSD周辺症状)による症状の一種。家(施設)の中や外を歩き回ること。本人は目的があって徘徊しているため、介護者はそれを理解し戻るべき場所へ誘導しなければいけない。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

no image

シャント

シャントとは、血液透析の際に十分な血液流量を確保するために、動脈と静脈をつなぎ合わせた状態のことをいいます。体内でつなぎ …

no image

医学的リハビリテーション

医学的リハビリテーションとは、医師や看護師、理学療法士、作業療法士などの医療専門職によって行われるリハビリのことです。病 …

no image

嚥下性無呼吸

嚥下性無呼吸とは、食塊が咽頭を通過する際に、気管には入らないように喉頭蓋(こうとうがい)が持ち上がり、声門も閉鎖されるこ …

no image

訪問看護

訪問看護とは居宅サービスのひとつで、看護師や保健師などが利用者宅に訪問し、主治医の指示に基づいた診療や看護ケアを行います …

no image

パーキンソン症状

パーキンソン症状とは、小刻みに震えたり、筋肉がこわばるといった症状。パーキンソン症候群とも言われ、4大運動症状として安静 …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング