徘徊

徘徊とは認知症の高齢者にみられる行動で、BPSD周辺症状)による症状の一種。家(施設)の中や外を歩き回ること。本人は目的があって徘徊しているため、介護者はそれを理解し戻るべき場所へ誘導しなければいけない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました