経鼻栄養

経鼻栄養とは、鼻からチューブを通し、胃へ流動食といった栄養を投与する方法のこと。同じ経管栄養の胃ろうと比べ、装着時に手術の必要がなく合併症のリスクが低くなっています。

一方で、逆流による誤嚥性肺炎のリスクが高く、定期的な管の衛生管理が必要になります。また装着時の痛みや違和感が強いという点もデメリットとなっています。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

こんな記事も読まれています

no image

温熱療法

温熱療法とは、皮膚に熱刺激を与え、血統やリンパの循環を改善させる治療方法です。新陳代謝の促進、体力や抵抗力の向上などが期 …

no image

介護保険被保険者証

介護保険被保険者証とは、介護保険の被保険者に交付される保険者証のことで、第1号被保険者全員と、第2号被保険者(要支援・要 …

no image

4点柵

4点柵とは、高齢者がベッドから落下しないように4方に柵を設置した状態のこと。転落防止目的で多くの介護施設で行われていまし …

no image

長期栄養管理法

長期栄養管理法とは、経管栄養や経鼻栄養といった方法で、長期的かつ安全に栄養を摂取する方法のこと。むせや誤飲といった嚥下障 …

no image

カテーテル

カテーテルとは、点滴や胃ろうなどで使用する医療処置用の管(くだ)。血管や体腔など身体の中で使用するものと、薬剤や栄養の注 …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング