ウイルス性肝炎

 

ウイルス性肝炎とは、肝炎ウイルスによって引き起こる肝臓の炎症性疾患のことで、主にA型、B型、C型、D型、E型といった症状があり、日本ではB型肝炎ウイルスとC型肝炎ウイルスが大半を占めています。原因の多くはウイルス感染の他に、アルコール、自己免疫などが挙げられます。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

no image

咽頭(いんとう)

咽頭(いんとう)とは、鼻から食道に続く部分で喉の一部のことを言います。鼻の奥辺りを上咽頭、そこから食道へ向かった辺りを中 …

no image

社会福祉士

社会福祉士とは、心身に障がいがある人や日常生活を送ることに困難がある人などに対して、専門的な知識や技術を持って相談や助言 …

no image

アセスメント

アセスメントとは、利用者に関する情報の収集や分析を行い解決すべき問題を把握すること。ケアマネジャーや生活相談員といった職 …

no image

ウォーターマット

ウォーターマットとは中に水が入っているマットレスのことです。体圧が分散される効果があるため、褥瘡(床ずれ)を予防する目的 …

no image

サービス担当者会議

サービス担当者会議とは、サービス利用者に対して適切な援助を行うため各事業所の責任者があつまる会議のこと。サービス担当者会 …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング