デイサービス(通所介護)

    

デイサービス

デイサービスとは通所介護のことで、社会福祉法人や民間業者によって運営されている居宅サービスのことです。通所介護という名の通り、デイサービスは宿泊施設ではなく、デイサービスセンターや特別養護老人ホームの共同スペースで行われており、利用者は日帰りで様々な介護サービスを受けています。

デイサービスの役割

デイサービスの主な役割は、自宅で暮らしている高齢者が今後も自立して日常生活が送れるように支援することで、介護サービスだけでなく機能訓練や認知症ケアといったサービスを提供することです。医療ケアが必要な利用者は、療養通所介護といって看護師が常駐しているデイサービスもあります。

在宅介護では、どうしても高齢者が家にこもりっきりとなるので、そういった高齢者が外出するキッカケとなり、気分転換やストレス発散になると注目されている居宅サービスでもあります。

また、デイサービスには利用者宅の送迎もサービスに含まれています。足腰が不自由な高齢者や車いすの高齢者などの乗降介助も行います。

受けられる介護サービスは食事介助、入浴介助、排泄介助などで、レクリエーションを通じた機能訓練も行われます。その他にも体温測定や血圧測定といった健康管理や服薬管理、要支援の高齢者のための介護予防なども行われています。

本人がデイサービスに行っている間は、在宅介護を行うご家族にとってもつかの間の休息となるため、利用者以外にもメリットが多い介護サービスとなっています。

デイサービスの配置職員

デイサービスの利用者情報

デイサービスは、どちらかと言うと利用者本人のためではなく、自宅で介護する介護者の負担軽減のための在宅介護支援サービスとして利用している方も多くなっています。

ですので、デイサービスを利用する高齢者は、介護予防目的の要支援の方から、車いすの要介護の方、認知症の高齢者や、要介護認定で自立と診断された元気なお年寄りなど様々。つまり利用者によって提供するサービスは大きく異なります。

特別養護老人ホームや大抵のデイサービスセンターには特殊浴槽を始め、介護に必要な設備があるので、業務自体は難しくないでしょう。

利用者それぞれにも希望もあるため、そこで働く介護職員には介護老人ホームとは違った大変さがありますが、ほとんどのお年寄りは人との交流を楽しみに訪れています。つまり、そこで働くスタッフに求められることは、楽しい時間を提供できること。一緒になってトランプや将棋をしたりして、利用者とコミュニケーションをすることが一番の役割なのではないでしょうか。

デイサービスの転職におすすめな介護求人サイト

この記事に共感できたら

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング

こんな記事も読まれています

訪問介護事業所(ホームヘルプサービス)
訪問介護事業所(ホームヘルプサービス)

訪問介護とはホームヘルパーが介護を必要とする高齢者の自宅を訪問して、身体介護や生活援助を行う居宅介護サービスのことです。提供される介護サービスは多岐にわたり、主にケアマネジャーが作成したケアプラン(介護計画)にそって行われます。

訪問入浴で働く職員の仕事内容や業務について
訪問入浴で働く職員の仕事内容とやりがい

訪問入浴はヘルパー・オペレーター・看護師の3人1組のチームで利用者様のお宅に訪問し、浴槽を設置し入浴介助を行う在宅介護サービスです。浴槽搬入が大変で、1日に5~8件訪問することも。ですが、お年寄りが喜ぶ姿を間近で見られることがやりがいです。

デイケア
デイケア(通所リハビリテーション)

デイケアはデイケアサービスとも呼ばれ、高齢者が日帰りで利用する通所リハビリテーションのことです。病院、診療所、介護老人保健施設など医療に関わる機関で行われ、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士といったリハビリテーション専門職による本格的なリハビリ(機能訓練)が受けられます。

病院(クリニック)
病院(クリニック)

介護スタッフが必要とされているのは、なにも介護施設や介護事業所だけではありません。病院でも介護士の募集はされています。准看護師や看護助手が介護業務を兼任している病院も多いですが、大きな病院では介護専門のスタッフを雇っている所もあります。

グループホーム
グループホーム

グループホームは認知症高齢者グループホームや認知症対応型共同生活介護とも呼ばれており、食事介助や入浴介助を提供する介護施設ではありませんが、機能訓練やレクリエーションが充実している施設が多く、治療しながら自立支援を行うといったサービスが受けられます。